サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > アイドル“接触ビジネス”その最前線を探る【1】/多様化する【エロすぎる握手会】

――AKB48が大々的に始めた「握手会」をはじめとする接触イベントは、いまやアイドルの活動にとってなくてはならないものになっている。そこでアイドルは、ある者は恋人トークで、ある者はバストを寄せ……と、さまざまな方法でファンを“気持ちよく”させようと頑張っているという。その実態に迫る!

恋人握手からマスク越しのキッスまで!アイドルは握手でイカせる!?過激化する「エロすぎる握手会」の画像1
『AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル』(コスミック出版)

 2017年現在、メジャー、インディーズ、地方勢などを含めると、アイドルの総数は全国で約3000組ともいわれている。そして、そのビジネスの根幹にあるのが、握手会に代表される、アイドルとの直接交流を売りとする「接触商法」だ。

 では、この「アイドルの握手会」はいつ頃から行われているのだろうか? 発祥については諸説あれど、少なくともいまの流れを生んだのは、05年に結成された「会いに行けるアイドル」AKB48であることは間違いない。それまでの握手会は基本的に、「ライブやCD購入の単なる“おまけ”」でしかなかったからだ。

 とはいえこの接触商法自体は、アンダーグラウンドなアイドルシーンにおいてはすでに発見されてはいた。制服向上委員会(92年~)、FICE(01年~)、ピカピカ(01~02年)、Chu!☆Lips(05~11年)などがその代表選手であろう。しかしAKBが画期的だったのは、この接触商法を発展させ、ストレートにビジネスに落とし込むという手法を広く世に知らしめたこと。以降この手法は、なかば揶揄気味に「AKB商法」と呼ばれ、アイドル戦国時代の幕が開ける10年以降はデフォルトの手法となっていく。さらにBiS(第1期/10~14年)によって、それまで地下アイドルのシーンで育まれていた接触商法の多様なバリエーションが発展。結果、その他のアイドルも他アイドルとの差別化を図らんがために一部は過激化し、現在では多種多様な「接触」の形態を生み、百花繚乱の様相を呈しているのだ。

 アイドルの握手会において欠かせないのは、疑似恋愛要素だ。ファンからすれば握手会とは、10代前後の女性と物理的に接触をし、見つめ合って会話ができるというもの。となるといきおい、握手会にとってもっとも重要な要素のひとつに「エロさ」が挙がってくるのは避けられまい。都内で鍼灸院を営む整体師も、手と性愛との相関関係についてこのように語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』