サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【ニュース】音楽業界に激震走るユニバーサルの芸能事務所買収
ニュース
スガシカオ事務所離脱の裏にも何かある?

ユニバーサルの老舗事務所買収でお荷物社員が戦々恐々?

+お気に入りに追加

確固たる地位を築く老舗事務所

マネジメント事業に加え、自社にオーガスタレコード、アツガレコード、オーギュメントレコードなどのレーベルも運営するオーガスタ。最近では、映画公開当時の主題歌がスガシカオだったこともあってかパチンコメーカー藤商事の「CR仄暗い水の底から」の大当たり中の楽曲をまとめたコンピも出すなど、手広く事業を展開している。

1703_01_universal_230.jpg
オーガスタの七不思議と言われている山崎まさよしが出演した「ウコンの力」のCM。オーガスタがユニバーサル傘下となっても、「僕はここにいる」!

「ユニバーサルミュージック合同会社は、この度、株式会社オフィスオーガスタの全株式を譲り受けることになりました。ユニバーサルミュージックとオーガスタは関係を強化しつつ、双方の事業発展を目指します」――国内最大手のレコード会社であるユニバーサルが、昨年末に発表したプレスリリースだ。オフィスオーガスタ(以下オーガスタ)とは、92年に設立された音楽制作プロダクションで、山崎まさよしをはじめ、杏子やスキマスイッチ、秦基博、元ちとせなどのアーティストが所属している事務所として知られているが、大手レーベルによる全株式取得の報道は、音楽業界関係者の耳目を集めた。さらに1月に入ると、ユニバーサルの社長兼最高経営責任者である藤倉尚氏がオーガスタの代表取締役会長を兼任し、オーガスタ取締役の千村良二氏が同社の代表取締役社長に就任することも発表。これによってオーガスタに所属するメジャーのアーティストは、すべてユニバーサルに移籍【1】をすることは既定路線となった。

 しかし実は、現段階でユニバーサルに籍を置くオーガスタ所属アーティストは山崎まさよしのみ。それ以外はソニー傘下のオーガスタレコードに籍を置いている。すでにユニバーサル内にはオーガスタの専門レーベル〈AUGUSTA RECORDS〉が新設されることが発表されており、2月1日付で発表された人事では、ユニバーサル社内の本部長や次長など、錚々たるキャリアが新設部署への異動(兼務)が決定。しかし、社内では気乗りしていないスタッフが多いという。

「優れたミュージシャンを抱えているオーガスタですが、現在は一時ほどの勢いが感じられません。また、ユニバーサル以外に在籍するアーティストを受け入れるとなると、それだけでも再契約金などの金が動くので、金脈とならないアーティスト=負債を抱え込んでしまったのではないかと感じているスタッフが少なくないようです」(大手レコード会社スタッフ)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』