サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 小倉優子が「夫の不倫」と同じくらいなかったことにしたい黒歴史
1608yukorin1s.jpg
『小倉優子のはじめてママdays』(主婦の友社)

 8月3日発売の「週刊文春」に夫であるカリスマ美容師の菊池勲氏が、自分と同じ事務所のアイドル馬越幸子との不倫が報じられ、離婚危機となっている小倉優子。現在はママタレとしてブレイク中なだけに、烈火のごとく怒り狂ったという。

「小倉は自分のマネージャーに、『私のママタレキャリアがダメになるから、夫がすべて悪いことにして懲らしめてほしい』と指示。さらには、『離婚したらママタレで生きていけないのはわかってるでしょ!』とまくしたてていたそうです」(芸能記者)

 小倉はこれまで、グラビアアイドル→こりん星キャラ→ママタレと3度のブレイクを果たしている。その間も焼肉店経営や株取引、さらにはゴルフを始めるなど、芸能界でのポジションをつかむためにしたたかに計算を働かせていた。

 実はそんな彼女には、夫の不倫と同じくらいなかったことにしたい黒歴史時代が存在したことはあまり知られていない。それが「早口」と「ございます」キャラだ。アイドル誌の編集者が言う。

「売れる前に出演した『THE 夜もヒッパレ』(日本テレビ系)では、今でいう鈴木奈々のような超ハイテンションでキャーキャーと早口で喋っていました。さらに、当時の雑誌のインタビューでは明るいキャラがバラエティ向きだと言われ、『やや、そんなことないでございますよ。今年はドラマにも出たいですもん。優子、涙を流すのが得意でございますから』と、なぜかほぼ必ず語尾に『ございます』をつけています。この迷走の原因は、おそらくまだ芸風を模索中だったのでしょう」

 誰よりも「キャラ」や「武器」に苦心してきた小倉だからこそ、せっかく掴んだ「ママタレ」「カリスマ主婦」の座の重みを知っているはず。そのことをひっくるめて、夫の不倫を許すのか、否か……。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』