サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【ファンキー加藤】、ベッキーの不倫対応の失敗点を徹底的に分析していた!
1606_funkykatos.jpg
「ブラザー」(初回生産限定盤)(DVD付)

 お笑いコンビ『アンタッチャブル』の柴田英嗣の元妻とダブル不倫し、妊娠させたことが発覚した元『ファンキーモンキーベイビーズ』のボーカル・ファンキー加藤。6月7日に都内で会見し、「軽率な行動だった」と事実を認め、頭を下げた。すでに不倫は解消。子供は認知し、養育費などについて話し合いを行っているという。また、13年に結婚した元マネジャーの夫人とも離婚はせず、一からやり直す思いを明かした。

 今年初めに発覚したベッキーとの不倫騒動で、いまだ逃げ回っている『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音と違い、スクープした『週刊女性』の発売から間をあけず迅速な対応をとった加藤。今や芸能界のご意見番となりつつある『オリエンタルラジオ』の中田敦彦も出演した情報番組の中で、ファン、家族、関係者、そして柴田への謝罪の言葉を口にしたことで、「会見は良かった。早かったし全部認めていた。このことに関してはファンキー加藤さんは良かったとハッキリ言っておきたい」と会見を評価した。

 一方、川谷のツイッターには、加藤が会見した7日昼頃から「アナタも逃げずに会見したらどうですか?」などと再び非難コメントが殺到。こうしてみると、不倫への批判はあるものの、加藤がとった報道後の対応としてはベストとも思える。実は、その裏には加藤のしたたかな計算があったという。業界関係者がこう耳打ちする。

「加藤は個人事務所に所属し、これまで社長と二人三脚でやってきた。その社長と一緒に、同じく不倫会見を行ったベッキーが対応に失敗した点を徹底的に研究、分析。それの真逆の方策を取ることに決めたのです。結果、すぐに会見して全てを認めて謝罪することがベストという答えに行きついた。事実、ネットでは『男らしい』『好感度が上がった』『ベッキーも見習うべき』とイメージダウンを最小限に食い止めることができています。逆に、ベッキーは加藤と比較されることでますます復帰がしにくい状況になってしまいましたね」

 ベッキーや川谷を反面教師に使って、自分をよく見せるプラン。ひとまず大成功だったと言えそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』