サイゾーpremium  > 連載  > 学者・萱野稔人の"超"哲学入門  > 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第27回

正義論から死刑を肯定する――他人を殺した人間は正義を回復するためにはみずからの命でつぐなわなければならない

+お気に入りに追加
1605_kayano.jpg
(写真/永峰拓也)

『カント全集 第11巻 人倫の形而上学』

イマヌエル・カント(吉沢伝三郎・尾田幸雄訳)/理想社(69年)/8350円+税
1797年に刊行されたカント晩年の著作。第一部『法論』では私法と公の区分から生得的な権利と法、国家状態における法の哲学的基礎づけを試み、第二部『徳論』では人間の道徳や義務について実践的倫理学として体系的に論じる。

『人倫の形而上学』より引用
 或る人が刑罰をこうむるのは、彼が刑罰を欲したからではなくて、彼が或る処罰されて然るべき行為を欲したからである。というのは、もし或る人の身に彼の欲することが起こるのであれば、それは刑罰ではなく、また、罰せられるということを欲するということは不可能であるからである。――もし私が誰かを殺害するならば、私は罰せられることを欲する、という言い方は、私は一切の残りの者たちと共々に、もし人民のなかに犯罪者がいるならば当然また刑罰法則ともなるであろう諸法則に服従する、ということ以上の何ごとをも意味しない。刑罰法則を定める共同立法者としての私が、同一人格でありながら、臣民として法則に従って処罰されるということは、到底不可能である。〈中略〉それゆえ、もし私が或る犯罪法則を犯罪者としての私に対して作成するとすれば、私のなかに純粋な法的・立法的理性(本体的人間 homonoumenon)があって、それが犯罪能力者としての、したがって或る他の人格(現象的人間 homo phaenomenon)としての私を、公民的統一に所属する一切の残りの者たちと共々に、その犯罪法則に服従させるわけである。

 前回はチェーザレ・ベッカリーアの死刑廃止論を検討しました。ベッカリーアは哲学の歴史のなかで、とりわけ近代以降の哲学の歴史のなかで、初めて正面から死刑に反対した思想家です。ベッカリーアの死刑廃止論がでたことで、死刑に賛成する側もようやく哲学の問題として死刑を擁護するようになりました。それまでは死刑は当たりまえの刑罰だったので、哲学の世界でも死刑についてそれほど踏み込んだ議論がなかったのです。

 そのベッカリーアの死刑廃止論に厳しく対峙したのは18世紀ドイツの哲学者、イマヌエル・カントです。カントは死刑に賛成していました。カントは、他人を殺した人間はみずからの命によってその罪をつぐなうのでなければ正義は回復しない、と考えました。そこにあるのは、人間はみな自立した人格として尊厳をもつ以上、正当な理由なく他人に損害をあたえた人間はそれと同等の損害を被らなくてはならない、という正義論です。こうした正義論から死刑を肯定するカントにとって、ベッカリーアの死刑廃止論は哲学的に見過ごすことのできないものだったのです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』