サイゾーpremium  > 特集2  > 【芸能人の結婚報告】その変遷
第2特集
無料/芸能人の結婚と出産の経済学【1】

相次いだ大物タレントの結婚と出産── 挙式費用は5億円!!“結婚と出産”の経済学

+お気に入りに追加

――師走の最中、何かと騒がしい芸能界。今年の芸能ニュースを振り返ってみると、結婚、出産などのオメデタ報道が多かった(気がする)。現在ではファックス1枚、ブログの更新などといった“報告”である。だが、かつては一流ホテルで行われる豪華な会見から、披露宴の中継もザラだった……。

1601_2toku_01.jpg
最後の独身大物男性タレントと言われた福山雅治もついに結婚!

 芸能ニュースの花形といえば大物タレントの結婚報道が挙げられる。東出昌大・杏に始まり、堀北真希・山本耕史、福山雅治・吹石一恵、TOKIOの国分太一、千原ジュニアと、大物クラスが次々と結婚を発表し、芸能メディアを賑わせたことは記憶に新しい。

 だが、サイゾー読者世代には周知のことだろうが、いずれのケースでもかつての結婚報道と比べれば、盛り上がりに欠けていることは否めない。80年代から90年代にかけて、芸能人の結婚発表は、一流ホテルにマスコミを集め、金屛風の前で記者会見を開くことが一般的だった。さらに芸能人同士の結婚は、テレビ各局がこぞって派手な披露宴を中継し、高視聴率を獲得。また、妊娠、出産ともなれば、退院の際、病院の前に各社の芸能記者が集結し、新生児の披露とともに、大々的にワイドショーで取り上げられた。芸能人の結婚と出産には、それだけの報道価値があったのだ。

 ところが現在、タレントの結婚は事務所のホームページやファンクラブの会報、個人ブログを通じて発表。記者会見もなく、披露宴も身内だけで済ませてしまうというケースも少なくない。

「かつて芸能人の結婚披露宴中継はある種の商売であり、売れている芸能人のステータスでもあった。テレビ中継する場合、会場費、料理、引き出物といった数千万円単位の費用の多くをテレビ局が持っていた。それでも3時間のドラマを作れば優に5000~6000万円はかかるし、特番を制作すると考えれば、局としては十分にペイできていたんです。ところが現在はテレビの凋落に伴って制作費が縮小している上、視聴率も以前ほど期待できない。中には売名的に、費用を折半してでも中継してほしいという話が持ち込まれることもありますが、よほどの話題性がないと難しい」(テレビ局関係者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』