サイゾーpremium  > 特集  > 【漢】『特攻の拓』にガッツリ共感
第1特集
ラッパーが本当に好きな不良マンガ【2】

【漢】オレもガッツリ共感した『特攻の拓』の"粋がり"と"痛み"

+お気に入りに追加

1601_rapper_02.jpg

漢(かん)
1978年生まれ。新宿出身。2000年代にMSCの顔として頭角を現す。12年に自身のレーベル〈9SARI GROUP〉を設立。15年よりフリースタイルバトル大会「UMB」を再始動。現在、『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日)に出演中。


1601_rapper_03.jpg
『疾風伝説 特攻の拓』1巻より。

 オレは中学で勉強の世界からドロップアウトして本を一切読まなくなって、マンガですら最後まで読み切ったのは『疾風伝説 特攻の拓』【1】『殺し屋1』【2】だけ。まあ、思春期には恋愛に対するあこがれで『BOYS BE...』にハマったこともあったけど(笑)。

 それはともかく、『特攻の拓』は中2・3の頃に初めて読んだのかな。当時、地元・新宿の暴走族は5人くらいしかいなかったんだけど、まだ川崎とか横浜とかの暴走族がパレードみたいなことしてた時代だった。だから、共有してないけど存在は知ってる不良文化として暴走族に関心はあって、そういう意味であのマンガを楽しんでたところもある。やっぱり日本の不良なら、誰もが一度は暴走族に興味を持つもんでしょ。ただ、主人公の拓はもともと、いじめられっ子。その設定は『カメレオン』とも少し似てたけど、『特攻の拓』のほうが表現がバカげてなかったし、「粋がってみてぇ」っていう拓の純粋な気持ちには共感したよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』