サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 専門家が語る【日本のテロ対策】
ニュース
警戒すべきはしばき隊?懸念されるテロの実態

テロ対策関係者が警告!マスコミのミスリードとイスラム国の“本当の”脅威

+お気に入りに追加

シリアで消えた?日本人たちの消息

連日テロ関連の報道が続く中、シリア付近で消息を絶った29歳日本人女性、フリージャーナリストA氏らの安否も懸念されている。彼らの消息について、外務省関係者は「日本政府にできるのは、トルコなど周辺国の大使館員の話を聞くぐらいで、本当になんの情報も得られていない」という。現地における対IS戦略の弱さがうかがえる。

1601ISs.jpg
『イスラーム国の衝撃』(文春新書)

A:新聞社会部デスク 
B:警察庁関係者
C:外務省関係者
D:防衛省関係者

A 11月13日(現地時間)に起きたパリ同時多発テロは、世界中に衝撃を与えました。パリのど真ん中で死傷者300人規模というテロが起きたことで、日本でも警戒ムードが高まっています。

B あれは、ホームグロウン・テロ【1】の典型でしたよね。

C ただ、一部のマスコミは、「イスラム国(IS)がパリを攻撃した」という論調で伝え、その目的が観光産業に打撃を与えることだと解説しているものもあった。実行犯はISの一派でしたが、シリア・イラクに拠点を置いてイスラム帝国再建を目指すISと、その過激思想に共鳴するホームグロウン・テロリストは別物。それをごっちゃにしている印象を受けました。

D 確かに。今諸外国で起きているテロは、ISの意思とは関係なく、彼らに共鳴したテロリストたちが勝手に起こしているものもありますからね。12月2日に起きたカリフォルニア銃撃事件なんかは、まさにその典型的な例でしょう。

A となると、例えば、カリフ制を支持するイスラム法学者・中田考氏のシンパを公安が監視している、といった話がありますが、それこそ、日本でのホームグロウン・テロの素地になり得るってことですか?

C まあ、それが事実なら、ですけど(笑)。ただ、日本ではホームグロウン・テロよりも、ISなどに参加していた外国人戦闘員が来日して起こすテロを警戒すべきだと思います。今年10月、韓国ではすでに、ISシンパの外国人が爆薬の原料を持ち込もうとして摘発される事件がありました。

A 実際、日本にもISに関係する人物がシリアから入国し、都内に潜伏中だという話がマスコミの間で流れたのですが、事実なんですか?

B うーん、確かに、そういう人物が入国したという話は聞きました。ただ、関係者といっても、どの程度の関係かという話なんですよ。米国のように、IS支配地域出身=テロ組織関係者と見るのは違うでしょう。

A 以前、警視庁外事3課の資料が流出【2】して問題になりましたけど、公安は今も、イスラム系外国人を監視しているんですか?

B テロ防止に必要な情報収集はしてますよ。日本には現在、100カ所近いモスク(イスラム礼拝堂)がありますから、そういうコミュニティから不審者情報を聞き取ったり。

C でも、ムスリム全員を監視するなんて無理な話ですよね。そもそも、外国人が日本に入国する際に宗教を申告する義務はないので、ムスリムがどれくらい入ってきているのかは把握できていません。だから、イスラム教を国教とする国から何人入国したかなどの統計から推測するしかないんです。それによると、ムスリムの日本滞在者は現在約10万人、年間の入国者が約40万人。対して、日本の警察官は24万人ですからね。

D そういえば、佐藤優さんが、文化放送の「くにまるじゃぱん」(11月20日放送)で、IS掃討の地上戦が本格化すれば中国に逃げ込む可能性があるという話をしたんですが、これが「現代ビジネス」の連載(12月4日配信)に転載されると、「イスラム国 まもなく中国に侵入か」と、あたかもISが中国侵攻を狙っているようなタイトルになっていました。マスコミの煽るタイトル付けも問題ですよね。

C 私も大手週刊誌から取材を受けることがありますが、付き合いの長い編集者は「ISの脅威が日本でも高まっているというテイストでやりたいので、そういう分析をお願いします」と言ってきます(苦笑)。結果、「日本人観光客を狙う可能性もある」と話したものが、「日本人観光客が狙われている」になってしまう。

警戒すべきはしばき隊?懸念されるテロの実態

MEMO『IS』
イスラム過激派組織、通称イスラム国のこと。イラクとシリアを中心に、アブー・バクル・アル=バグダーディー指揮の下、イスラム帝国再建を目指し、テロや惨殺行為を行っている。

D 改めて国際テロについて基本的な話をすれば、そもそもヨーロッパと日本の状況はまったく違います。現在までに、ISに加わった外国人戦闘員は約3万人で、このうち5000人がEU出身者、フランスからの参戦者はEU最多で1000人近くに達している。そして、これらEU出身の外国人戦闘員のうち3割程度が母国に戻っているんですよ。つまり、域内移動の自由があるEUには、1000人以上のテロ予備軍が潜伏しているということ。ヨーロッパでは、こうした外国人戦闘員の問題と、移民問題を背景としたホームグロウン・テロリストの問題が複雑に絡み合ってるからこそ、実際に事件が起きているんです。

B 私も、中東で軍事作戦の位置づけで行われている自爆テロや、自動小銃で襲撃する欧米先進国型のテロが日本で起こる可能性は低いと思います。日本では、拳銃を入手するのも容易ではないですからね。

C 先日オーストラリアのシンクタンク「経済平和研究所」が公表した世界テロ指数(GTI)でも、日本は162カ国中最下位(同点同位ありで124位)にランキングされていました。その辺りも含め、今、学術的な研究成果とエビデンスがある情報でコメントをしているのは、放送大学の高橋和夫教授ぐらいじゃないですか。

A とはいえ、何かと対立気運が高まる中、日本でテロが起こらないとは言い切れないのでは?

B いやいや、起こらないとは言ってないですよ。例えば、11月23日に起こった靖国神社での爆発音事件。捜査中なので詳しいことは言えませんが、これは「ローンウルフ」【3】の可能性が高いと指摘されていますよね。テロは、その類型から大きく、宗教テロ、政治テロ、単一争点(シングルイシュー)テロに区分されるんですが、これからサミットやオリンピックを控えて、こうしたシングルイシューを動機とするテロが現実味を帯びてくると思います。

C つまり、一般の人たちの間で意見が分かれているような問題が、テロの発端になるということです。

A 確かに、小泉内閣で行われた郵政選挙から、日本はシングルイシューの感じが強くなっていますね。現に今も、安保、原発、沖縄などの問題が顕著化している。その中で、日本人によるテロも起こり得ると?

B ええ、十分にあり得ます。最近も、「しばき隊」の関係者で、ツイッター上に匿名で暴言を吐いていた「新潟日報」上越支局報道部長が身元を暴かれ、無期限休職に追い込まれていましたよね。これは、ヘイトスピーチをめぐる「在特会」とのシングルイシューの対立が先鋭化した例なんですよ。こういう問題が深刻化して、思い詰めた一部の者がテロに走る可能性は否定できません。

D ほかにも、安保法案に反対する学生たちの団体「SEALDs」関係者への殺害予告が行われたりもしましたよね。大げさに聞こえるかもしれませんが、安保というひとつの政治的論点への意見の対立が、テロの定義である「暴力をもって主張を実現すること」につながる可能性を帯びた。「2ちゃんねる」レベルの話だと、笑ってはいられません。しかも、ローンウルフによるテロは、国際テロに対するような通信傍受や組織内部に協力者を作る情報手段は通用しない。国際テロ組織によるテロ以上に、対策は困難でしょうね。

A 日本人テロリストの警戒……安倍政権が成立を目指している「共謀罪」【4】が、ますます気味悪いなあ。

B いやーでも、それが成立したら、こちらも結構面倒くさいんですけどねえ(苦笑)。      

(編集部)

【1】ホームグロウン・テロ
国外の組織が仕掛けてくるテロではなく、他国組織の過激な思想に共鳴した国内出身者が、自発的に起こすテロのこと。特に、イスラム過激派組織に共鳴し、それら組織同様のテロ行為を自国で起こすケースを示している。

【2】警視庁外事3課の資料が流出
10年に発覚した、警視庁国際テロ捜査情報流出事件のこと。公安部外事第三課のデータを中心とする、国際テロ組織に関する公式文書がネット上に流出。この際、在日イスラム教徒の個人情報や、中東のイスラム教国の在日大使館員の口座記録、特定のモスクの出入り者総数などが記録されていた。

【3】ローンウルフ
個人的な社会への不満などをきっかけに、単独、もしくはごく少数でテロを計画したり、実行したりするケースを指す。

【4】共謀罪
実際に犯罪を行わずとも、集団でその犯罪を共謀した段階で、これを処罰するというもの。パリの同時多発テロを受け、日本でもその新設を法整備を求める声が上がっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ