サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > ついに解散危機が報じられた【とんねるず】の冠番組と打ち切りか!?
kinashi1507s.jpg
『木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心』(美術出版社)

 10日付の「東京スポーツ」がお笑いコンビ・とんねるずのコンビ唯一のレギュラー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が9月末にも終了する予定で、それに伴ってコンビは解散。さらに、メンバーの石橋貴明と木梨憲武がそれぞれ“第2の人生”を歩むことになりそうだと報じた。

 同番組は前番組の『とんねるずのみなさんのおかげです』から合わせて88年10月から放送されている長寿番組。しかし、ここ最近は視聴率が低迷している割に、同紙によると2人で1本800万円以上という高額なギャラも含めて制作費は1本3000万円と破格。さらには、とんねるずをバックアップしてきたフジの役員が6月の人事異動で子会社に出向してしまったことなども終了の理由だというのだ。

「役員とは長年、バラエティー班のトップとしてフジテレビをけん引していた港浩一氏。ここ最近、フジテレビは視聴率が軒並み低迷しているが、上層部は役職をシャッフルすることでしか“責任転嫁”できなかった。その煽りをもろにくらってしまったのが港氏で、6月に関連会社の共同テレビの社長に就任。この時点で、とんねるずの“延命”がなくなったと言われていた」(フジテレビ関係者)

 東スポによると、“第2の人生”として、石橋は新たにテレビの制作会社を立ち上げ、木梨はアーティストとして、絵や工作物などの創作活動に専念するというが、そうなると2人の家族は頭を抱えることになりそうだというのだ。

「石橋は会社のトップに立つ器ではない。おまけに、感覚が昔のテレビマンのままだから、お金が使えなくなった今のテレビ業界で生き抜いていくことは難しいだろう。妻の鈴木保奈美は3人の娘の子育てがひと段落したため、女優業に復帰。ところが、最近は端役ばかりで稼げず、家計は石橋頼み。一方、木梨は石橋のように浪費家ではないものの、1男1女がいてこれからお金がかかる。妻の安田成美は女優復帰しているものの、気が向いた作品ぐらいにしか出ないので、やはりこちらも家計は憲武頼み。2人にとって“最後の砦”だった『みなさん~』の終了は両家の家族にとっても大打撃のはず」(女性誌記者)

 長寿番組終了となれば、後釜の番組が気になるところだが、間違いなくとんねるずの起用はなさそうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報