サイゾーpremium  > 連載  >  『ロバート秋山竜次の「アダルトグッズ"妄想"使用指南」』
連載
ロバート秋山竜次のアダルトグッズ妄想使用指南【9】

【秋山竜次】最新オナホを使った"擬似48手"で飽きのこないオナニーライフを!

+お気に入りに追加

――生粋のコント師・ロバートの秋山竜次が、シチュエーションを妄想しながらアダルトグッズの使い方を指南する!

1507_akiyama_1.jpg
(写真/オノツトム)

 最新のアダルトグッズをピックアップして、エロスあふれる使用方法を探っていく本連載。今月もロバート・秋山竜次氏が、アダルトグッズに秘められた無限の可能性を導き出す!

――今月はカップホールの「オナビティ」がテーマです。こちらは女性器をイメージした「フォワード」とアナルをモチーフにした「バックス」という2種類のラインナップとなっています。

ロバート・秋山竜次(以下、秋山) まず、パッケージがカップホールには見えないデザインというのがイイですね。これならバッグから出して新幹線のテーブルや前座席のラックに入れておけます。

――制汗剤とか、エナジードリンクみたいですもんね。

秋山 爽やかというか、スポーティーなイメージです。「フォワード」や「バックス」という名前がしっくりきました(笑)。

――秋山さんは地方を訪れることも多いから、重宝しそうですね。

秋山 ただ、顔バレすることを考えると、ホテルとかで使い捨てのカップホールは使いにくいんです。その点、「オナビティ」は洗って何度も使えるので、持ち帰ってしまえば心配ないですね。

――外見だけではなく、中身もこだわりが。「フォワード」は包み込むような刺激を味わえる内部構造。「バックス」はイボイボを全面に配置して竿や亀頭を刺激するという感じで、それぞれに異なる快感と吸引感を楽しめます。

秋山 ちなみに、私のお気に入りは「フォワード」のフィット感でした。チンコ全部を丸ごと包み込まれるような感覚で、動かすたびにギューッと締めつけられるのがたまりません。普通のホールを使うときは、ピンとくる当たり具合を探りながら角度を変えて差し込んだりするんですが、「フォワード」はまっすぐこするだけでチンコ全体が気持ちよかったですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ