サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 『小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」』
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

「伸ばして止まむ」写真壁画

+お気に入りに追加

 写真壁画とは、文字通り壁画のように大きく引き伸ばされた写真のことである。引き伸ばした複数の印画紙を張り合わせてさらに大きくしたもので、1920年代頃から商業施設のディスプレイやビルの装飾などで利用され始め、30年代から40年代にかけては万国博覧会という檜舞台の常連となった。

 写真壁画の中で比較的よく知られているのは、37年のパリ万博に出品された「日本観光写真壁画」だろう。日本各地の観光地をモンタージュした絵巻形式の壁画で、写真家の木村伊兵衛や渡辺義雄らの写真をもとにデザイナーの原弘が構成した。万博への出品物は従来工業製品や工芸品、美術品のような輸出振興につながるようなモノの展示が多かったが、写真壁画は日本へのポジティヴなイメージを観客に伝えるためのスペクタクルであった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ