サイゾーpremium  > 特集2  > 【稲葉振一郎】ピケティから読む「途上国はなぜ発展できないのか?」

――ピケティは市場経済がある程度正常に機能している国家における格差を問題にした。しかし、本当に重要なのは、そもそも先進国になれない最貧国が抱えている問題ではないのか?

keizai15032s.jpg
『途上国の人々との話し方―国際協力メタファシリテーションの手法』(みずのわ出版)

 ピケティによる研究の個人史を眺めた場合、彼が若いときに書いていた論文は、実は非常に数理的で抽象的なものです。それが認められて、彼はマサチューセッツ工科大学(MIT)で教鞭を執るのですが、そこで『これでいいのか?』という思いがあったのか、フランスに戻ってからは、この分野の第一人者であるアトキンソンも含めた共同研究者を募って、今回の仕事につながる統計的な実証研究に携わっていきます。このへんは彼自身がインタビューなどで語っている通りです。しかし、実はそもそも最初の理論的な仕事からしてすでに"不平等"の問題を扱っている。だから、彼は単純に転向したわけではない。『21世紀の資本』で格差をテーマとしているのも、実は若い頃からの一貫した問題意識に従っているわけです。

 ピケティを含め、彼と同世代の経済学者たちの中には、主に人的資本を念頭に置きながら、格差の発生と再生産の理論モデルを作ることに関心を持っていた人たちが結構います。その中でも知名度が高いのは、『国家はなぜ衰退するのか』【1】を書いたダロン・アセモグルでしょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那