サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 写真時評~モンタージュ 現在×過去~【35】
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

アメリカの〈核家族〉(中)

+お気に入りに追加
1503_ph_01.jpg
「The Family of Man(人間家族)展」カタログ(Maco Magazine)より。 左:ベチュアナランド(ボツワナの旧称)/ナット・ファーブマン  右:アメリカ/ニーナ・リーン

 かつてエドワード・スタイケンが「人間家族(The Family of Man)展」で提示した人種や宗教、階級を超えた融和は、「強国」の論理が産んだ「イスラム国」関連のニュースが連日報道される今日、楽天的な夢想のように見えてしまう。

 1955年にニューヨーク近代美術館で開催された「人間家族展」はUSIA(United States Information Agency)の管理下で日本を含めた世界各国を巡回した。同じく55年から翌年にかけて、「原子力平和利用博覧会」がUSIS(United States Information Service)と新聞社などの共催によって日本の主要都市を巡回している。USISは53年に国務省から独立したUSISの各国出先機関で、前者は「米国広報文化交流局」、後者は「米国広報文化交流庁」と訳されることが多い。元の英語にあったはずの「情報」という言葉の代わりに、「文化交流」という訳語が付与されているのだが、こうした意訳によって捨象された「情報」の操作、つまり諜報や対外宣伝こそがこれらの機関の中心的な活動なのであった。

 USIAは第二次大戦時に情報戦を重視していたアイゼンハワーが、大統領に就任して間もなく「合衆国の目的や政策を他の諸国の国民に広め、合衆国の指導者に外国の世論を伝えること」を目的に設立した機関である。展覧会の開催以外にも映画やテレビ番組の制作、対米世論の調査、報道機関への情報提供など多岐にわたっており、多くはその関与を明示しない秘密活動だったとされている。いうなれば、冷戦体制下において「文化交流」を隠れみのにアメリカへのポジティヴな「情報」を密輸出するための反共工作機関のひとつであった。したがって、USIAとUSISが関わり、同時期に世界各国への巡回展が始まった「人間家族展」と「原子力平和利用博覧会」は、同じ目的を共有する展示であったと見るべきだろう。

 ニューヨーク近代美術館の写真部門ディレクターであったスタイケンによって企画された「人間家族展」は、62年までに世界中で900万人という観客動員数を記録した。知名度と影響力の大きさにおいて他に並ぶもののないモニュメンタルな写真展である。世界各国から集められた503枚の写真と、文学作品や聖典などから選ばれた文章を立体的に組み合わせたインスタレーションには、「全世界を通じて人間は本質的に単一である」というメッセージが通奏低音として流れていた。世界大戦がもたらした荒廃への反動としてこの写真展が構想されたにせよ、異なる地域の人々の写真を誕生から死へと至る営みの類似性において併置することで、人類を家族というひとつの運命共同体に見立てるという試みは、いささか楽天的すぎるだろう。しかしながら、その楽天性ゆえにこそ冷戦下における核戦争の危機に直面していた世界各国の人々に熱狂をもって迎えられたのである。

 ヨーロッパ巡回展がまだ壁のなかった西ベルリンから開始されたことに象徴されるように、「人間家族展」が物質的豊かさを保証するアメリカ型資本主義の優位性を、共産主義国に対してアピールする機能を果たしたことは否定しがたい。また、多くのアメリカ企業からの展覧会への協賛は、大衆消費社会を基盤とした「アメリカン・ウェイ・オブ・ライフ」をグローバルに波及させ、「メイド・イン・アメリカ」の消費者を国外に拡大するという野望と不可分であった。

「人間家族展」のクライマックスは、国連憲章からの引用が付された国連総会と子どもたちの写真である。国連への希望と子どもたちが象徴する未来とが重ね合わされているわけだが、アメリカ主導で描かれる世界秩序への肯定的な通奏低音は、ここにおいて主旋律として奏でられているように見える。したがって、ニューヨークから発信された世界最大の写真展は、露骨な政治性を帯びて世界各国を巡回したことになるだろう。

 そして、この「人間家族展」の重要な巡回先のひとつが、サンフランシスコ講和条約に調印したばかりのいまだ反米感情の残る日本であったことは言うまでもない。(次号に続く)

小原真史
1978年、愛知県生まれ。映像作家、キュレーター。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ