サイゾーpremium  > インタビュー  > 【喜多陽子】アイドルオタクが女優に目覚めたそのワケは?
インタビュー
最強にかわいいアイドルオタクあらわる!

【喜多陽子】――ぶりっこ嫌いのアイドルオタクが女優に目覚めたそのワケは?

+お気に入りに追加

――話題作への出演が続くキュートな若手女優の彼女、実は根っからのアイドルオタクらしく……。

1502_kita_01.jpg
(黒瀬康之/写真)

 11月に公開された映画『日々ロック』で、男たちを手玉にとるライブハウスの美女店員・町田町子を演じているのが、若手女優・喜多陽子。愛らしい顔つきにぴったりなぶりっこキャラを演じ切ったが、実は役作りには苦労したのだとか。

「町子は、すべての男性のアイドルでないと気が済まないタイプ。でもわたし、ぶりっこが本当に嫌いなんです(苦笑)。だから彼女のことが全然理解できなくて、入江(悠)監督にたくさん怒られて。もう必死でした」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載