サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 公明党に相手にされず橋下徹は不出馬に!? 【曖昧選挙】の舞台裏
ニュース
なんのための選挙だったのか…

公明党に相手にされず橋下徹は不出馬に!? "曖昧選挙"の舞台裏

+お気に入りに追加

噂される安倍首相の体調不良問題

10月、「FRIDAY」で安倍首相の体調不良が報じられた。事実、今回の解散総選挙に対し、「首相の顔のシワや顎のたるみは体調悪化の表れ。議員秘書でもアゴノミクス解散なんて揶揄する奴もいる」(全国紙政治部記者)といった声も聞こえてくる。果たして、健康なうちに戦後レジームからの脱却への道筋を付けられるか?
hashimoto1501s.jpg
『徹底検証「橋下主義(ハシモトイズム)」─自治体革命への道』(梧桐書院)

【座談会参加者】
A:全国紙政治部デスク 
B:週刊誌中堅政治記者
C:永田町関係者
D:地方紙政治部記者

A 本が出る頃には投開票済みで、各メディアとも今後の展望が記事になっているだろうけど……まず、今回の解散について、どう見てた?

B 私は結局、安倍首相は15年の通常国会を乗り切る原動力を得たいという気持ちが一番大きかったのではないかと思います。次期通常国会は「安保国会」と呼ばれるように、集団的自衛権容認に伴う自衛隊法改正などが審議され、与野党の激突は必至です。直前の総選挙で勝利すれば、「信任を得た」として、法案審議を有利に進められますから。

C 私も同意です。その「安保国会」といえば、次世代の党・田母神俊雄(元航空幕僚長)の出馬は気になりました。当選すれば、安保・防衛政策のプロ中のプロなだけに、「安保国会」における台風の目になるでしょうから。

D その田母神氏の出馬について、周囲からは相当反対されていたみたいです。ところが、どうやら幸福の科学が彼を支援するということで、出馬に踏み切ったという噂がありまして……。なんでも彼に近しいある人物が同教団の20年来の信者で、15年の開校を目指していた「幸福の科学大学」(10月29日に不認可が決定)では、田母神氏が教授に就任する可能性があったことを「週刊文春」(文藝春秋)らが報じていたほどです。

A それはまた、興味深いタッグだな。田母神氏といえば、女性関係の脇の甘さも指摘されてるよね。先日も「FRIDAY」(講談社)で愛人スキャンダルが報じられたばかり。そのせいで、有力支援者だった「日本文化チャンネル桜」の水島総社長も呆れて離れていったと聞くし……エル・カンターレに救済されたわけか(苦笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ