サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > イラストで見る【5大新聞】ありがち記者像
第1特集
記者が語る新聞ギョーカイの人々【2】

1000万プレイヤー朝日から風来坊毎日まで 5大紙“ありがち記者”像

+お気に入りに追加

――本文でも話を聞いた各紙記者のコメントをもとに、各紙の典型的記者像をご紹介!

1412_newspaper_yomiuri_02.jpg

■ナベツネ将軍様に絶対服従の一兵卒
よみうり君
座右の書:フーコー『監獄の誕生―監視と処罰』
カノジョ:お茶大卒のフェミ系専業主婦
他社に転職したい度:20%

【読売新聞】
[創刊]1874(明治7)年[販売部数]約960万部(14年上半期の朝刊平均)[売上高]約4300億8700万円(13年3月期の基幹6社)[社員数]4842名(14年4月現在)

朝日と同様、給料はトップクラスだが、上下関係の厳しさが最大の特徴。“ナベツネ将軍”を頂点に政治部を中心としたピラミッド構造になっており、上司には絶対服従。まるで軍隊のようで、若手はいつも走り回って疲労困憊しているという。社会部あたりの出身者は、仕事ができても傘下の関連会社のトップあたりが関の山。「朝日には転職したいが、読売には絶対に行きたくない。読売は同期でも足を引っぱり合うほど競争が激しい。おまけに、社の方針と違うことは絶対に書けません。ウチのほうが自由に取材できる分、よっぽどマシ。いや、給料はうらやましいけど……」(産経記者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報