サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > フリーになった田中みな実が後継人・宮根誠...
1409_newsnabansankai.jpg
フジテレビHPより。

 10月クールからフジテレビのバラエティ番組で司会を務めることになった田中みな実に早くもフジ内部からブーイングが起きている。9月末でTBSを退社して間をおかずに他局に出演するなど、なりふり構わぬ売り込む攻勢に波紋が広がっている。

「田中が出演するのは日曜20時の枠。B級ニュースを紹介する『ニュースな晩餐会』という番組です。他の出演者にはアンジャッシュの渡部健や美輪明宏の名前があがっています。一般的には所属事務所のテイクオフからの猛烈なプッシュがあったようで、後見人役の宮根誠司の顔を立てる意味合いもあり起用することになりました。裏番組には『世界の果てまでイッテQ』があり数字は見込めない。結果が出なければ春には打ち切られる可能性もあります」(フジテレビ関係者)

 自分たちの仕事の枠がひとつなくなったということでフジの女子アナたちも気が気でないようだ。

「フリーになったとはいえ同年代の女子アナに仕事を奪われたとあっては、やはり面白くない。ここ数年フジは元NHKの住吉美紀、元日テレの西尾由佳理ら、他局を退社したアナウンサーを重用しては、結果を残せず失敗してきました。それだけに『もっと身内のアナを活用して欲しい』という声があがっています」(前出)

 TBS局員時代も周囲におもねらず、キャリアアップに邁進してきた田中がフリーとしてどこまでやれるのか、お手並み拝見といったところか。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』