サイゾーpremium  > インタビュー  > 【當山みれい】──15歳のシンデレラガールは"ダンサー"ソングライター
インタビュー
「テラスハウス」とのコラボでも話題の!

【當山みれい】マディソンスクエアガーデンに立つことを夢見る、弱冠15歳の"ダンサー"ソングライター

+お気に入りに追加

――幼少期から楽曲制作に励み、無限大の可能性を秘めた少女が、満を持してメジャーの舞台に躍り出る。

1407_toyama_01.jpg
(写真/若原瑞昌 D-CORD)

 あなたが小学生のときに欲しかったものはファミコン? たまごっち? 現在、15歳の當山みれいが小6のときに親にねだって買ってもらったのは、音楽制作ソフトとデスクトップパソコン。そこから曲作りを覚えた彼女は、中学生になるとニューヨークへ語学&音楽留学。もうなんて早熟なんだ!

「洋楽が好きだったので、本場に行ってみたい気持ちがあったんです。映像とかで見るあの場所は、どうなってるんだろう? って。それは今思い返すとロサンゼルスだったりするんですけど(笑)」

 留学は約1年。現地ではハーレムのゴスペル隊でリードシンガーを務め、アポロシアターで開催されたアマチュアナイトで優勝も経験。さまざまな人種が集まる環境に身を置くことで、日本人としてのナショナリティを意識するようになり、自らの個性を見つめ直す中で、若さも武器だと考えるようになったという。そうして音楽性と人間性を大きくさせてくれた海外生活だが、実は渡米を決心した背景には、もうひとつ理由があった。それは小学校時代に受けたいじめ。

「小2のときからダンスと歌を本格的に習い始めたんですけど、それで目立ってしまったのか、ある日、学校に行ったらみんな口を利いてくれなくなっちゃって。もともとはっきりしてる性格なので、嫌なことは嫌って言っちゃうから、そうなってしまったのかも。小学校の6年間はずっと1クラス編成の狭い世界だったし、とにかく違う世界に飛び出したかったんです」

 そんな気持ちはデビュー曲「Fallin‘ Out」の「笑顔の仮面つけたクラス一人 つまらない価値 ねたみ うんざり」という歌詞にも表出。

「これはニューヨークに行く前から、行ったあとの気持ちを書いた曲で、家族と大事な友だちに向けて歌っています。日本を離れ、自分から連絡を取る人はいないと思ってたけど(笑)、やっぱり感謝の気持ちが生まれて。もし、いじめがなかったら(地元の)大阪にずっといたと思う。だから逆に良かった。いじめの経験が私の背中を押してくれたというか、人生を変えるきっかけになったから」

 そんな彼女の悩みは、知らず知らずのうちに、歌詞に英語がちょこちょこ入ってきちゃうこと。

「自分でルー大柴さんみたいだな、って思っちゃうんです。歌詞を付けたPVを見た友だちからも、英語のところがわからないって言われるくらい(笑)。でも、これも私のオリジナルのひとつとして、かっこよく英語と日本語を混ぜられたらなと思います(笑)」

 散歩をするとき、家事をしているとき、そして勉強のときもイヤフォンをして音楽を聴いているという、大の音楽好きである彼女の三大ごちそうは、サラダ(温野菜入り)と大福とピザ。このへんは、実に15歳の少女らしい一面だ。

「ピザはチーズがびょ~ん、じゃなきゃダメ! ニューヨークの街角で売ってるピザは1ドルでチーズびょ~んなんですよ。超おいしいあのピザが忘れられません」

 もうひとつ、彼女が海外生活で忘れられないもの。それは街を散歩しているときに見上げたマディソンスクエアガーデン。レディー・ガガやビヨンセ、そして彼女が憧れるリアーナもライブを行った、世界的に知られるアリーナだ。

「夢はマディソンのステージに立つこと。それまでに日本はもちろん、アメリカでも”當山みれい”というアーティストのブランディングをがんばって……目標は、30歳までに実現させることです!」

 15歳とは思えない深みのある歌声と卓越したダンスセンスを持ち、ライブではクールにかっこよく。でも、対面するとケラケラとよく笑い愛嬌たっぷり。デビューから世界視野で夢を語る彼女だが、その実力と魅力は大器の片鱗を十分窺わせるものだ。だから15年後、我々をマディソンに連れて行ってください。そのときは、たくさんピザごちそうしますから!

(文/猪又 孝)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1407_toyama_03.jpg

當山みれい(とうやま・みれい)
1998年、大阪府生まれ。アメリカ留学中に在籍していた、全米トップの名門ゴスペルチーム「Gospel For Teens」では、アジア人としては異例のリードボーカルを務め、話題となる。今もっとも注目を集めるダンサー・ソングライター。


1407_toyama_02.jpg

『Fallin‘ Out/I Wanna NO feat. SHUN』
6月25日発売の當山みれいのデビューシングル。家族や友人、大切な人への感謝を歌ったメッセージソングの「Fallin‘ Out」と、若手注目MCのSHUNをラップに起用した「I Wanna NO」の両A面シングル。
販売/ソニー・ミュージック 価格/初回盤 1481円(+税)、通常盤 1204円(+税)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』