サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【宇野常弘】『笑っていいとも』はつまらなかった
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第48回

『笑っていいとも』はつまらなかった

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1405_iitomo.jpg
『別冊サイゾー「いいとも!論」』

 3月31日、フジテレビの看板番組であり、昼のバラエティの定番『笑っていいとも!』が32年間の歴史に幕を閉じた。個人的には同番組を面白いと思ったことは一度もない。しかしこの番組の終了は何か、この国の文化空間の変質を象徴してはいるのだと思う。

 僕がこの番組をつまらないと考えていた理由は、テレビをダラ観する習慣がまったくないために、『いいとも』の「友達の輪」という内輪のキャラクターいじりを見せつけられても、文脈(○○さんは~~というキャラだから××をいじると面白い)がわからず、まるで隣のクラスの内輪受けで笑うことを強要されているかのような気分にしかならないからだ。テレビの訴求力が最も高かった戦後のある時期(80~90年代)はテレビ=世間であり、その文脈を共有していない(空気を読めない)人間は決定的にマイノリティだった。しかし消費社会の進行は人々の価値を多様化させ、情報社会化は環境的にそれを後押しした。その結果、テレビは今でも巨大な訴求力を持つマスメディアであることは疑いようがないが、かつてのようにテレビ=世間であるかのような振る舞いは許されなくなっている。より正確には、僕のようにテレビ=世間だと考えない人間が増えてきていて、そうした人間には、新宿アルタのスタジオで「テレビの人気者たち」が「友達の輪」を広げても、公共の電波でせいぜい数百人の東京のタレントサークルが身内ネタで盛り上がっているようにしか見えないのだ。インターネットの一部では、「テレビっぽい」という言葉が「サムい」という言葉と同義で使われている。

 この現実を否定したいと思っているのは、一部の業界人とそこに憧れているワナビ―だけだろう。

 先日、有吉弘行が、共演することの多いAKB48のメンバーに「AKB村で起こっていることは、俺たちは知らない」と発言したことが話題にのぼった。これは有吉とバラエティ番組に出演したあるメンバーが、AKB48グループ内の人事にまつわる「ネタ」を、つまり相応にグループ内の文脈を共有していないとわからないネタを披露したときに、その場にいたほかの出演者と、番組を観ている視聴者には面白さがほとんど伝わらないことを指摘したものだ。実に的を射た指摘だ。そしてこの有吉の批判は、皮肉にも今のテレビバラエティそのものに当てはまる。僕に言わせれば、有吉がAKB村のことを知らないように、テレビバラエティ村のこともまったく興味がなく、それがさも世間の常識であるかのように振る舞われると、どんどん白けていく人間が増えているのだ(僕が再三、AKB48が「テレビ化」するのはよくないと言っているのはこのためだ。多くのメンバーがテレビに出たいのはわかるが、長期的には従来のマスメディアは利用しつつも、究極的にはそれとは違うポピュラリティを獲得すべきだろう)。逆に、ここまでテレビバラエティに冷淡な僕がAKB48のファンでいられるのは、テレビの画面の中で展開される「友達の輪」は嘘くさくても、選抜総選挙をはじめとするさまざまな仕掛けで自分が参加していると実感できるAKB48にはリアリティを感じているということだろう。これは何もAKB48に限った話ではない。インターネット時代のエンターテインメントの、ほとんどすべてに当てはまる変化だと思う。つまり「画面の中でも身内いじりを毎日続けていると、内輪ネタであるがゆえに視聴者がタレントに親近感を持つ」という装置自体が、情報環境的に送り手と受け手を結ぶ装置として古くなってしまっているのだ(とっとと投票させてしまったほうが、2カ月に1回でも実際に会わせてしまったほうが共感装置として手っ取り早い)。

 しかしその一方で僕の周囲には、濱野智史、大見崇晴(著書『「テレビリアリティ」の時代』)など、『いいとも』的なものと日本のインターネット文化との親和性の高さを指摘する論者も多い。確かに、身内いじりによるハイコンテクストなコミュニケーション空間の醸成と、そこで行われるコミュニケーション自体の自己目的化はまさに日本のインターネット、特にこの10年を席巻した(ミニ)ブログによる「ソーシャル化」の特長そのものだ。だとすると、今や誰でも気軽にフェイスブックの「友達の輪」で『いいとも』ゴッコを安全に展開できる今、それはわざわざマスコミが大金はたいてやるようなことではなくなったのかもしれない。

うの・つねひろ
1978年生まれ。企画ユニット「第二次惑星開発委員会」主宰。批評誌「PLANETS」の発行と、文化・社会・メディアを主軸に幅広い評論活動を展開する。著書に、『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『こんな日本をつくりたい』(共著/太田出版)など。

〈近況〉
「文化時評アーカイブス2013-2014」発売になりました! 表紙はなんと小池美由です。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ