サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【宇野常弘】「大組閣」と「地方⇔東京」問題
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第47回

「大組閣」と「地方⇔東京」問題

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1404_akb_yoshirin.jpg
小林よしのり『ゴーマニズム宣言スペシャル AKB48論』(幻冬舎)

 去る2月24日、AKB48グループの「大組閣祭り」が行われた。「組閣」とはグループの各チームを再編成し、バランスを再調整、キャプテン等のまとめ役の人事異動を行うことを指す。これまでは各グループ内、つまりAKBはAKB、SKEはSKEの内部での人事異動を意味していたが、今回の「大」組閣はグループ間の異動が行われ、大きな波紋を呼んだ。そして結果的にはAKBで伸び悩んでいる中堅~準若手メンバーが地方の姉妹グループへの「移籍」「兼任」となる一方で、姉妹グループのエース・準エースクラスが東京のAKBへの「移籍」「兼任」となるケースが多く見られる組閣となった(もちろん、選抜常連の宮澤佐江がSKE48チームSのリーダーに任命されるなど、AKB48のベテラン人気メンバーがおそらくは指導的役割を期待されて地方に派遣されたであろう人事も散見された)。

 要するに今回の大組閣では、東京で活動しメディア露出の機会に恵まれているAKBのメンバーには環境を変え、話題をつくることでの(そして相対的に人数の少ない地方グループに移動することでの)逆転のチャンスを与え、逆に地方のエース・準エース級のメンバーには、アイドルの旬である18~20歳のタイミングで東京の芸能界で積極的に仕事をする機会を与え「売り時」を逃さないようにする、という意図があったのではないかと考えられる。

 こうして考えると、今回の大組閣のテーマが中央と地方の問題であったことが伺える。例えばSKEは一昨年末から主力メンバーの大量離脱問題に悩まされ続けている。個々にはそれぞれ多様な理由があるのだろうが、全体としては背景に「AKBの非選抜メンバーのほうが、姉妹グループの選抜メンバーよりメディア露出が有利である」という身も蓋もない現実があったのはまず間違いないだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』