サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【宇野常弘】「大組閣」と「地方⇔東京」問題
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第47回

「大組閣」と「地方⇔東京」問題

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1404_akb_yoshirin.jpg
小林よしのり『ゴーマニズム宣言スペシャル AKB48論』(幻冬舎)

 去る2月24日、AKB48グループの「大組閣祭り」が行われた。「組閣」とはグループの各チームを再編成し、バランスを再調整、キャプテン等のまとめ役の人事異動を行うことを指す。これまでは各グループ内、つまりAKBはAKB、SKEはSKEの内部での人事異動を意味していたが、今回の「大」組閣はグループ間の異動が行われ、大きな波紋を呼んだ。そして結果的にはAKBで伸び悩んでいる中堅~準若手メンバーが地方の姉妹グループへの「移籍」「兼任」となる一方で、姉妹グループのエース・準エースクラスが東京のAKBへの「移籍」「兼任」となるケースが多く見られる組閣となった(もちろん、選抜常連の宮澤佐江がSKE48チームSのリーダーに任命されるなど、AKB48のベテラン人気メンバーがおそらくは指導的役割を期待されて地方に派遣されたであろう人事も散見された)。

 要するに今回の大組閣では、東京で活動しメディア露出の機会に恵まれているAKBのメンバーには環境を変え、話題をつくることでの(そして相対的に人数の少ない地方グループに移動することでの)逆転のチャンスを与え、逆に地方のエース・準エース級のメンバーには、アイドルの旬である18~20歳のタイミングで東京の芸能界で積極的に仕事をする機会を与え「売り時」を逃さないようにする、という意図があったのではないかと考えられる。

 こうして考えると、今回の大組閣のテーマが中央と地方の問題であったことが伺える。例えばSKEは一昨年末から主力メンバーの大量離脱問題に悩まされ続けている。個々にはそれぞれ多様な理由があるのだろうが、全体としては背景に「AKBの非選抜メンバーのほうが、姉妹グループの選抜メンバーよりメディア露出が有利である」という身も蓋もない現実があったのはまず間違いないだろう。

 私見ではこの問題を解決する方法は二つある。一つ目は、地方の姉妹グループがジモトの仕事だけで経済的に回っていくシステムを構築することだ。インターネットが発達した現在では、流通や代理店の「中抜き」を排除し、運営やメンバーに直接ファンからのマネーを流し込むことは不可能ではない。今すぐどうこうできるものではないが、個人的には長期的にこの方向が望ましいと考えている。もちろん、そのためには適切な規模の再検討も必要だろう。

 そしてもうひとつの方法は、AKBをほかの国内3グループの上位チームと位置づけ、姉妹グループで活躍したメンバーは一定の手続きを経ると「昇格移籍」できるというシステムを採用することだ。これは、AKBは全国からよりすぐりのメンバーを集めた最強チームと位置づけること、そして現AKBでこの最強チームに選ばれないメンバーは姉妹グループと同格の扱いを受けるセカンドグループ(別名が与えられるだろう)の所属となることを意味する。

 これはまぎれもなく東京一極集中の現実を追認する、いや強化する施策だ。しかし、マネタイズの基本システムをゼロに近いところから構築しなければならない前者に比べて遥かに現実的である。こうしている今も、自分の「旬」の時期をメディア露出に不利な地方で過ごしたくないと焦っているメンバーがいるであろうことを想像すると、短期的には後者の施策もやむを得ないのではないかと思う。

 そして今回の組閣は、やんわりとではあるが徐々に後者のほうへ舵を切ったものだったといえる。すでにAKBのシングル曲の選抜メンバーはグループ全体から選ばれる「超選抜」と化して久しく、今回の人事も事実上の地方のエース・準エースの東京への移籍昇格人事だったと解釈できる。主にSKEとNMBのファンを中心に強く不満の声が上がり、その気持ちは痛いほどわかる。東京主導の理不尽な人事としか思えないものも多い。しかし、こうして分析してみると地方グループの「今」ケアするしかないシビアな問題を直視しながら、バランスを取ることを意識した相応の妥当性は確実に存在すると言わざるを得ない。

 今回AKB48グループが直面した中央と地方の間に横たわるシビアな問題は、アイドルの問題に限らず現代の、そして未来の日本における中央と地方の間に存在する不幸な関係そのものだと言える。このアイドルグループを襲った激震に、一足早く東京一極集中時代の列島事情が露呈していると考えるのは、決して大げさでもなければ勇み足でもない。

うの・つねひろ
1978年生まれ。企画ユニット「第二次惑星開発委員会」主宰。批評誌「PLANETS」の発行と、文化・社会・メディアを主軸に幅広い評論活動を展開する。著書に、『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『こんな日本をつくりたい』(共著/太田出版)など。

〈近況〉
「文化時評アーカイブス2013-2014」、3月末刊行に向けて現在準備中です。お楽しみに! 

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ