サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 月収ベンツ1台分!?【まとめサイト管理人】直撃!
第1特集
有名2ちゃんまとめ管理人インタビュー

転載禁止でも月収「ベンツ1台分」!? 月間1億PVまとめサイト管理人直撃!

+お気に入りに追加

――次々と転載禁止板を発表する2ちゃんねる。コレに対して、まとめサイトという文化を担ってきた管理人の面々はどう感じているのか? 黎明期から2ちゃんまとめを運営し、現在では月間1億PVを稼ぐ、「オレ的ゲーム速報」管理人のJin115氏に、管理人から見た2ちゃんとそのまとめサイトの現状を聞いた。

1405_Webmaster_01.jpg
記事のラストに、やる夫・やらない夫にコメントさせるスタイルを最初にとったのも『オレ的~』なのだ。

 こちらの記事では「2ちゃんねる」のまとめサイトがもたらした文化を紹介してきたが、ここでは1カ月1億PV以上を叩き出す、まとめブログの元祖『オレ的ゲーム速報』管理人・Jin115氏に、管理人の立場から「2ちゃんねる」の転載禁止や、仁義なき戦いが繰り広げられているまとめサイトの現状などを、(昔から筆者と友人関係にあることを理由に)洗いざらい聞いた。

「この騒動について意識した一番最初は、12年の7月でした。『2ちゃんねる』に僕のブログが転載禁止サイトとして名指しで掲載されたんです。正直驚きましたね。今のように『オレ的~』が巨大化する前に細々と、『ゲーム業界、ハードウェア@2ch掲示板』(通称ゲハ板)のまとめブログとしてやっていた頃から、『2ちゃんねる』を見てネタを引っ張り運営してましたので、ついにこんなことになるなんて……と。本気でひろゆきさんへ謝りに行こうと思ってました」

 時同じく、この年から『オレ的ゲーム速報』はゲーム以外のネタもブログで取り上げ始めることを強化していったところで、「(方針がぶれたことに対して)そろそろこのブログも閉鎖かもな」と、さらにユーザーたちの不安を煽る要因となった。そして最初の転載禁止を受けてからゲームネタ記事も激減。一般的な時事ネタを多く含み始めた、総合的なネタブログへと変貌していくのだった。

「ぶっちゃけてしまうと、ゲームがつまらなくなって、ネタにバリューがなくなったんですよ。アクセスが稼げる時事ネタや、映画鑑賞に目覚めてしまったこともあって、ゲーム以外の記事を多くアップしていきました。結果的に2ちゃんが転載を禁止にしたことによって、少なくとも僕のほうはネタに広がりができましたので、良い方向へ転んだことも事実です。実際アクセスが多い記事はゲームではなく、食べ物関係や、ハゲ、デブ含め、メンタル系ネガティブネタに集中してますし。一応、作為的な書き込み転載を行う悪質なブログとして転載禁止処分されたと言われていますが、僕自身は、転載禁止にされた大きな理由は、僕らみたいな2ちゃんの寄生虫たちが、バナーやアフィリエイトでマネタイズしているからだと思っています。きっと2ちゃん自体が昔と違ってマネタイズしづらくなってきたことが想像できます。まぁ、2ちゃんだってユーザーからの書き込みがなければPVを稼げないし、彼ら自身もニュースサイトの記事を転載してますからね。結局同じ穴のムジナですよ」

 オレ的ゲーム速報と銘打たれたまとめブログではあるが、今ではゲーム記事の割合は半分にも満たない。結果としてゲーム好き以外のユーザー層を、転載が全面的に禁止になるのに先んじて、しっかり取り込めたことが、大きなアクセスアップにもつながった。

 そのほかにも、「オレ的~」では、アンドロイド用の無料アプリを配布したり、ニコニコ生放送、オフ会、ブロマガ(現在休止中)など、積極的に外へ向けたアプローチを展開している。なかなか世に顔を出すことが少ないまとめブログの管理人だが、ここまで彼を駆り立てるのはなんなのか?

「やっぱり、人を楽しませたいんですよね。そもそもブログを開設したのも、企業発信じゃないゲームのニュースを扱うサイトがなかったから。ニコニコ生放送は不定期で継続してますが、マンガ家のピョコタン先生、それから吉田さん(=筆者)に脇を固めてもらっているからこそできるわけですし、ユーザーの方々と生で接し、さまざまな意見をもらえるのはマーケティングにもなりますし、僕みたいな他人のニュースを拾ってきて記事にするような寄生虫クズに興味もっていただけるだけで感謝ですし。積極的に行動することで存在を知ってもらえたら『オレ的~』のユーザーも増えますから」

 こうした施策も功を奏し、いまや「オレ的~」はまとめニュースブログの老舗となった。莫大なPVを稼いでの広告や、記事内容とユーザーの購買欲をうまくつなげるアフィリエイトでマネタイズにも成功した“まとめサイト”ゆえ、そのスタイルを模倣する後発のサイトも数多く増えた。常日頃からJin氏が『まとめの最後にAAを貼るといったスタイルを完璧に真似された』と話すアニメ系まとめブログ「やらおん!」やゲハブログのライバル「はちま起稿」に対してどう思っているのか?

1405_Webmaster_02.jpg
今回、Jin氏が名指しで批判した「やらおん!」(上)と「はちま起稿」(下)。長くからの因縁は、まとめサイトウォッチャーならだれでも知るところだ。

「『やらおん!』に関しては本当に潰れてほしい。あそこまで僕のところの真似をして恥ずかしくないのかと言いたい。いくら向こうはアニメネタ中心だとしても許せないですね。『はちま起稿』は最近書籍も出したみたいですけど誰があんなもん買うんですか? 管理人の清水鉄平は何か勘違いしているんじゃないですか? だって僕と同じ寄生虫で、ゲーム業界からしたら底辺にいるクズですよ。そんな奴が書籍を出すこと自体間違っているし、出版するほうも買うほうもおかしい。僕は絶対出しませんよ。だって最低な人間でクズですから。それぐらい自分で認識してなくては『オレ的~』なんて継続してられないですよ」

「オレ的~」と「はちま~」は、双方共に月1億PVを余裕で超えるアクセス数があり、最大のライバルとなっている。

 2つのまとめブログの共通点は、ゲームネタをメインにしているところだけではなく、膨大にアクセスが増え巨大化したと同時に管理人個人だけでは更新が追いつかなくなり、ブログ更新役のバイトを複数名増やしていった部分である。もちろん収益も莫大になり、「1億PVを超えるサイトはドイツ製の外車が毎月1台買える収入」と広告代理店関係者からは囁かれていたりもする。本人は、これをやんわり否定するが「スマホ中心になったり、Amazonアフィリエイトの割合が上がっても、そこまでは影響してないです。ただ、結局クズなんで、ブログで稼げなくなったら、それはそれでしょうがないと思ってますよ」と話す。

「今年の3月にも2ちゃん側は、『ニュース速報板VIP』『なんでも実況板J』などの人気板を転載禁止にしましたけど、今の僕にとっては痛くもかゆくもないですね。もう2ちゃんそのものに勢いを感じないですし、日本よりも海外のサイトのほうが面白いネタが転がってます。『ロケットニュース』とか見るとよくわかりますよね。海の向こうのほうがバカがたくさんいるので、ネタに困らないですから。2ちゃんの新管理人は続々と板を転載禁止にしてますけど、果たしてそれが彼らにとって本当にプラスになると思っているのかなぁと。そもそも2ちゃんねらーには以前のような熱もなくなっているし、各SNSにユーザーを食われているから、いつ閉鎖されてもおかしくないと思いますよ。ゲハだけは、今も狂った連中が書き込みしてますが、アイツらは頭がおかしいので……。でも、アイツらみたいなイカレた連中が最強ゲーム機論争とかで大騒ぎしているのを見て、こちらで煽るのは本当に面白いですねぇ(笑)」

 以前までのまとめサイトといえば、「2ちゃんねる」をソースにしていた。しかし、最近ではツイッターやフェイスブックなどSNSから出てくるニュースも多く、もはや円熟したインターネット社会では、掲示板の存在は風化していく一方だと指摘する。これから発展していくまとめサイトは、エンタメ色の強い総合系以外に、ニッチなマニア系の細分化された情報など、嗅覚を使ってユーザーが求めているものを早々に察知し、いかに早く掲載するかが当然必要になってくる。生存競争で生き残るためには、更新スピードだけではなく、転載禁止を払拭するべく、オンリーワンな独自ネタも必要なのではないか?

(文/ジャンクハンター吉田)

ジャンクハンター吉田(じゃんくはんたー・よしだ)
1970年、東京都生まれ。映画プロモーター、ゲーム・映画コラムニスト。ジャーナリスト、フリーエディターとしても活動する。映画・ゲームへの造詣が深く、ニコ生などで番組MCを担当するほか、サイバー犯罪関連にも詳しい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ