サイゾーpremium  > 連載  > 【連載】お色気性事学入門
連載
【連載】お色気性事学入門 第4回

AV女優・綾瀬なるみがダンス必修化を語る「早くから芸術にもエッチにも親しむべき!」

+お気に入りに追加

――AVメーカーMAXINGが誇る人気女優さんたちに、時事問題をカタ~くアツ~く語ってもらう当連載。今回は、現役ピアノ講師でもある新人女優の綾瀬なるみちゃんに、2012年度から中学校の体育の授業に取り入れられた“ダンス必修化”について聞いてみました。音楽とダンスという違いはあれど、義務教育に芸術分野の授業が増えたわけですが、どう感じましたか?

1403_maxing_01.jpg

【今月の格言】
早くから芸術にもエッチにも親しむべきです!

【今月のトピック】
ダンス必修化
学習指導要領の改訂により、2012年度から、中学1~2年の保健体育において男女共にダンスが必修化されることとなった。早い時期に多くのスポーツに触れることを目的としており、ダンスについては「創作ダンス」「フォークダンス」「現代的なリズムのダンス」の3つから成る。同時に、「我が国固有の文化」として武道も必修化されたことについて、政府の右傾化の一環だとして批判する向きもある。


綾瀬なるみ(以下、綾) そうですね。ダンスを通じて表現力が身につくのはいいことだと思います。日本人は外国の方と比べて表現力が劣っていると思うんです。だから、例えばスピーチとか、人前に立って何かをするための表現力・演技力が身につくならいいなと思うんですよね。

──非常にマジメな答えですね!

 なんだかすみません……。

──いえ、素晴らしいです!綾瀬さんも幼少時からピアノを習っていたそうですが、小さいうちから芸術に触れるのはいいことだと?

 ピアノは幼稚園の頃からですね。私は音楽ですけど、芸術に触れることで感受性が磨かれて発想が豊かになると思います。

──それらは、今後日本人が世界と伍していくに当たって必要なものだと。

 そうですね。日本人は学力も低下しつつあって、英語をしゃべれないのは日本人だけだ、ともよくいわれます。日本人はシャイだから、せめて表現力だけでも身につけば、英語力も少しは上達すると思うんですよね。

──なるほど。しかし芸術系の大学には、温室育ちのお金持ちの子どもが多いので、かえって急にエロ方面にはじけちゃう子も多いと聞いたことがあるのですが、実際どうなんですか?

 それは少し同意できますね。私の大学の友達でも、お金のためとはいえ、たいした葛藤もなく風俗をやっていた子もいましたし。「個性的であらねば」という意識も強いのかもしれませんね。どんなジャンルであれ芸術は、個性がないと自分だけの表現はできないですから。

──では、何か変わったエロ体験はお持ちですか?

 そうですね。初体験は中学1年生のときだったのですが、部室の倉庫でしちゃいました。みんなの憧れのかっこいい先輩が相手で。大学生のときには、当時の彼氏が通っていた大学の研究室でこっそりヤッたこともありますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』