サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 総会屋扱いされる【経済誌】の阿鼻叫喚

――現在、雑誌を手に取るメイン層として知られるサラリーマン世代。中でも彼らが一番手に取るのは、ビジネス誌だといわれているが、現状はどうなのか? ネット化も進み、多くの雑誌がしのぎを削る中で、2013年一番のスクープや、今読むべきビジネス誌、不況の中での苦労や編集部の現状などを、ビジネス誌で活躍する記者が明かす――。

A…大手紙経済部記者
B…元ビジネス誌編集者
C…元ビジネス誌記者

1402_business_01.jpg
企業と付き合いながら、ときにはバッチリスクープを飛ばすには、並大抵の根性では作れません!

――今回は、ビジネス誌で執筆されている記者さんにお集まりいただき、昨今のビジネス誌の状況について伺おうと思います。まずは、2013年に業界で話題になった特集とともに各誌の傾向をご紹介ください。

A まず経済界と距離が近いのが「日経ビジネス」(日経BP社)だね。特集「それをやったら『ブラック企業』」(4/15号)、特集「社長の発信力ランキング2013」(4/29・5/6号)と企業目線の特集が多い。それから「プレジデント」(プレジデント社)はビジネススキル特集や企業社長などの財界人・著名人に登場してもらう仕事術向上ハウツー物が得意。今年だと、特集「稲盛和夫の叱り方」(3/18号)、特集「金持ち老後、ビンボー老後」(10/14号)が話題になった。この2誌の部数がそれぞれ23~24万部前後で、ビジネス誌の売り上げでいうと1・2位だ。

B 一方、「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社)「週刊東洋経済」(東洋経済)、「エコノミスト」(毎日新聞社)は、財界とは一定の距離をおいて取材をしている印象です。「ダイヤモンド」は、サムスンにヘッドハンティングされた日本人技術者ランキングを掲載した特集「サムスン 日本を追いつめた二番手商法の限界」(11/16号)、「東洋経済」は、ユニクロの「3年内離職率」の異常な高さを明らかにした「特別リポート ユニクロ 疲弊する職場」(3/9号)と、企業の裏側まで徹底的に突っ込んだ取材物が際立っていました。それから「エコノミスト」は、学者や市場関係者による寄稿が中心で、「外国人投資家の正体」(5/28号)といった特集の企画勝負になっている。なお、番外編で、JR東海の子会社が発行する雑誌「WEDGE」(ウェッジ社)の「日本経済の最大リスク要因はエネルギー 今こそ原子力推進に舵を切れ」(9月号)という特集も挙げておきたいです。それほど売れたわけではないけど、強烈に原発再稼働論を展開し【1】、業界がざわついていました。

C ビジネス誌は現在、どこもそれほど好調でもない。各誌の売れ行きを見ていても軒並み東日本大震災から売れ行きがガタッと落ちている。売れる企画といえば、医療、介護、相続・遺言、事業承継と、50代以上の関心ごとである目先のカネにまつわるものばかりになっている。

A 定番モノばかりで新しい企画をやると大コケ、刷り部数を減らしても赤字になることも。このためどの雑誌も、ますます定番モノで、手を替え品を替えて特集をするハメになる負のスパイラルに陥っている。さらに意外にぱっとしないのが不動産特集、これも大震災以降まったく売れていない。アベノミクス効果で世間では不動産バブルが起きているといわれるが、特集を組んでもほとんど反応がない。

B 負のスパイラルでいうと、年末には、3誌が定番の介護特集でほぼタイミングが重なりました。【2】「エコノミスト」(12/3号)は特集「介護離職」を組み、翌週の「ダイヤモンド」(12/14号)の特集は「親と子の介護」。同日発売の「東洋経済」の特集は「介護ショック どうする!おカネと住まい」だった。ここにきて介護が特集のテーマとして重なったのは、政府が、3度目の介護保険法改正で、抜本改革に着手し、15年4月から、一定以上の所得がある高齢者(年金収入280万円以上)を対象に、利用者負担を1割から2割に引き上げる方針となったからでしょう。政府の方針が明らかになってから企画が立ち上がり、取材を開始。各誌が同じタイミングで同じような特集を発売……と、重なることになってしまうんですよね。

C かつては、「ダイヤモンド」と「東洋経済」が特集企画をぶつける、「あてる・あてられる」という軋轢があったが、今はない。販売ルート経由で、翌々週の他誌の特集企画が明らかになって、「重なった」と判明するが、重なっても売り上げに大きな影響が出ているわけでもないからね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』