サイゾーpremium  >   > 則本電撃結婚で露呈【楽天イーグルス】の女子アナバブル崩壊(後編)

1401_rakuten2.jpg
『世界一おいしいごはんの食べ方』(アスコム)

 スポーツ担当をしている、女子アナにとって衝撃だった楽天・則本投手の「結婚報道」。では、メディア関係者による冒頭と、記事のタイトルのように"女子アナバブル崩壊"とは何だったのだろうか?

 田中将大をはじめ、嶋、聖沢、森山、藤田、松井稼……今年、楽天の主力として日本一に貢献した選手たちの名前。と、同時に実は全員、既婚者でもある。

「田中は里田まい、森山は元アイドリングのメンバーと先日、入籍したことを発表しました。松井の奥さんも元女優だし、とにかく主力選手のほとんどが既婚者でしかも美人。女子アナの入る余地があまりなかったんです(笑)。そんななか、1年目から活躍した則本には、女子アナたちも相当期待してお熱をあげる者が続出。入団当初から争奪戦になったのですが、結局は"本命"には勝てなかったということでしょうね」(楽天番記者)

 とはいえ、女子アナたちにとって既婚者の選手が決して邪魔者かといわれると、無論、一概にはいい切れない。

「私たちがいきなりお目当ての選手に突撃したら、本人はもちろん、周囲の選手や広報だってすぐ気づいてガードされる。だから、中堅からベテランの既婚者の選手と仲良くなって、折を見ながら『イイ人紹介して!』と伝えておく。もちろん、彼らには"ヤレる"女友達をちゃんと紹介します(笑)すると、そう時間をかけずに、合コンがセッティングされることは多い。今の楽天ナインだと、藤田や松井が"キーマン"になる。紹介して欲しいのは、やっぱりドラフト1位の松井裕樹投手かな」(とある在仙現役女子アナ)

 いきなり結果が出た則本に対するバブルは弾けたが、すでに女子アナは次なる獲物を狙っているのだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年8月号

「茜子」のグラビア新境地

「茜子」のグラビア新境地

NEWS SOURCE

インタビュー

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ