サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 新右翼団体代表【木村三浩】が読む右派系雑誌
第1特集
サイゾー的タブー破りの雑誌ガイド【1】

【新右翼団体代表/木村三浩】「反韓反中」で気を引くな! 右派系雑誌を選定!

+お気に入りに追加

――創刊ラッシュかと思いきや、老舗の雑誌があっさり休刊してしまう昨今。そんな中、今読むべきタブー破りの雑誌とは? 日本を代表する写真家、宗教学者、ブロードキャスターらといった面々による、禁断の雑誌レビュー! ついでに(僭越ながら)「サイゾー」の感想も少しだけもらっちゃいました!!

1402_wide_1.jpg

木村三浩(きむら・みつひろ)
1956年、東京都生まれ。新右翼団体「一水会」代表、「月刊レコンキスタ」発行人。日本の民族派団体の活動を促すだけでなく、フランス、ドイツ、ロシア、リビア、シリア、マレーシアなど各国の民族主義政党・団体と交流し、民族派同士の国際連帯を構築している。


1402_wide_2.jpg
【2】「月刊日本」
ケイアンドケイプレス/97年創刊/650円
「わが国の真の自立と再生」をキャッチフレーズに創刊した論壇誌。新自由主義的経済政策には一貫して批判的なスタンスを取り、特に小泉純一郎・竹中平蔵の経済・外交政策を痛烈に批判している。

──2013年末に発覚した、猪瀬直樹・前東京都知事が医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取っていた問題で、両者の間を取り持った人物としてその名が挙げられた新右翼団体「一水会」代表・木村三浩氏。同氏が選ぶ、日本社会に信念を持って切り込み続ける右翼系雑誌とは?

 日本社会は今、右傾化しているといいます。どうやらその背景には、安倍晋三首相が「戦後レジームからの脱却」を引っ下げて総理大臣に就任したことや、「反韓国」「反中国」を声高に叫び、「在日は出てけー」など、いわゆるヘイトスピーチを繰り返すグループがメディアをにぎわしている影響もあるようです。

 しかし40数年間、民族派右翼としてさまざまな政治的社会的問題にかかわり、時には司法当局に身柄を拘束される経験もした私にすれば、この傾向を単純に喜んでばかりもいられません。なぜなら、彼らの行為は右翼とは似て非なるものだからです。反韓反中を口汚く言挙げしていれば事が足りると考えるならば、それは本来の右翼とはまったく相いれない。

 では、本来の右翼とは何か。あえてひと言でいうならば、「和をもって貴しとなす」――この精神に尽きるでしょう。

 つまり、右翼の本質とは、わが国の民族、伝統、歴史、祖国愛、郷土愛を尊重すると同時に、他国との関係においてもこれを認め、尊重するということです。したがって、いたずらに排除の論理は取りません。

 ただし、民族の尊厳や自国の領土に脅威を与えるものに対しては、断固とした姿勢で臨みます。私が「ヤルタ・ポツダム体制打倒」「東京裁判史観否定」を訴え、さらに日米安保条約の破棄、在日米軍基地即時撤去、対米追従からの脱却を主張するのは、このためなのです。日米安保条約も在日米軍基地も、米国の占領政策の延長上にありますよね。これらを解消するためには、戦後の体制や価値観を問い直す必要があるでしょう。そして、これらを解消してこそ、わが国の尊厳も矜持も保たれるということなのです。私が発行人となっている機関紙に「(月刊)レコンキスタ」【1】と名付けたゆえんも、ここにあります。レコンキスタ、日本語に訳せば「失地回復」です。

 最近、こうした志を持った、いわゆる“保守系雑誌”は元気がいい。書店のオピニオン誌コーナーは、右派系媒体がほぼ独占状態。左派系の凋落は止まりません。中でも、私は「月刊日本」【2】「伝統と革新」【3】「表現者」【4】の3誌を推奨したいと思います。これらは戦後体制を否定し、安倍政権の米国従属政治を痛烈に批判する点で、私の主張とも共通するからです。

 まず、「月刊日本」は、「わが国の真の自立と再生」をコンセプトに1997年4月に創刊した媒体です。執筆者には佐藤優、三浦小太郎、鈴木宗男、山崎行太郎各氏といった保守系のオピニオンリーダーが、独自の論陣を張っています。同誌は毎号特集を組み、最近取り上げたテーマには「『戦後レジームからの脱却』とは何か」、あるいは「特定秘密保護法の罠」などがありました。これらの背後には米国の軍事的思惑が潜んでいる、などといった、既存の右派メディアの禁忌を破るような辛口の論文を載せています。さらに、子宮頸がんワクチンの接種による副作用を指摘するなど、医療問題にも鋭く切り込む同誌のユニークさも、私は買っています。

 そして、「一水会」の常任顧問・四宮正貴氏が編集責任を務める「伝統と革新」も、「復古即革新」を基本コンセプトに、わが国の領土問題、防衛問題、皇室、愛国心といった硬派なテーマに迫っています。1月発売の最新号では「正義・法・国家―法治国家とは何か?」という特集を組み、小林節、鈴木宗男、八木秀次の各氏が、憲法第9条や天皇制について見解を述べています。

 しかし、その一方で、ヘイトスピーチなどに見られるレイシズムは、まさに今日的な問題にも視線を向けているため、硬軟織り混ぜて読み応えがあり、政治的思想的スタンスを異にする、あるいはニュートラルな人にもおすすめしたい媒体です。

 さらに同誌は、誌名が示すように、国体、神話、明治維新、大アジア主義など、同じ右派系雑誌でもなかなか扱わないテーマに果敢に取り組んでいるという点も、付け加えておきましょう。

 そして、最後の「表現者」は、評論家の西部邁氏が主宰した「発言者」が前身の雑誌です。隔月刊行なので年6回の発行ですが、同誌も「真正保守」を掲げ、右派系論壇をリーディングするオピニオン誌のひとつです。執筆陣も、西部氏をはじめ、中島岳志、西村幸祐、富岡幸一郎、佐伯啓思、東谷暁、石平各氏といった面々が常連で健筆を振るっています。

 同誌で最近私が目を引かれたのは、13年8月号の「『戦争』! 大東亜戦争とは何だったのか」という特集でしょうか。西部氏の司会で、宮里立士、中島岳志、佐藤健志各氏ら若手論客10人がひとつのテーマについて誌上論争を展開したものですが、60数ページにわたる特集は、圧巻でした。一般商業雑誌では、それだけのページを割いて論を戦わせることなど、とてもできないでしょう。

 先に述べたように、右派系雑誌は活気を呈しています。しかしそれは、相対的に左派系雑誌が勢いを失っていることや、反韓反中を取り上げれば読者の関心を引くという点を忘れてはなりません。特に後者は、その傾向が強い。こうした媒体の台頭によって、今日においては、反韓反中の記事が載らない雑誌を探すのが困難なぐらいです。そのため私はこれを、「反韓反中マーケティングシンドローム」と称しています。それは、あまり望ましい傾向とはいえないのです。また、右派系雑誌の弱点として、執筆者の顔ぶれが固定している、という問題が挙げられます。中でも女性の執筆者が少なく、女性ならではの視点や切り口での論及が乏しい。これが今後の、右派系雑誌の大きな課題ではないでしょうか。(談)

(構成/島村 玄)

1402_wide_17.jpg

【1】「月刊レコンキスタ」
一水会/75年創刊/500円
新右翼団体「一水会」が発行する機関誌。一水会の出版部門「レコンキスタ編集部」より、原則として、毎月1日に、月刊で発行されている。代表の木村氏のほか、鈴木邦男氏らが執筆している。


1402_wide_18.jpg

【3】『伝統と革新』
たちばな出版/10年創刊/1050円
「一水会」の常任顧問・四宮正貴氏責任編集のもと、皇室制度、大アジア主義、神話、明治維新と近代化などのテーマで特集を組む、年3~4回刊行の媒体。なお、同誌は単行本コードで発行されており、雑誌扱いではない。


1402_wide_19.jpg

【4】「表現者」
ジョルダン株式会社/05年創刊/1300円
真正保守思想を掲げる隔月誌。昨今は、西部邁氏らをはじめとした編集委員・顧問らによる座談会が多く組まれている。思想家、評論家、経済ジャーナリスト、詩人など、執筆陣もバラエティに富んでいる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ