サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【『NARUTO』】作者はいい人すぎて"給料高額事件"が勃発?
第1特集
ジャンプ作家アシスタント座談会【1】

日本一のマンガ家の素顔を知る……「週刊少年ジャンプ」アシスタント座談会

+お気に入りに追加

――もはや説明不要の日本でもっとも売れているコミック誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)。今回、これまで同誌から生まれた数々の有名作品にアシスタントとして携わった4名のマンガ家たちに集まってもらい、その舞台裏を覗くべく、座談会を決行! 果たして、『ONE PIECE』『NARUTO』etc……はどんな現場から生まれたのか?

【座談会参加者】
A… 30代 男性 アシ経験 12年
B… 40代 男性 アシ経験 14年
C… 30代 女性 アシ経験 20年
D… 30代 男性 アシ経験 17年

1312_assistant.jpg
『マンガ家さんとアシスタントさんと(10)(完)』(スクウェア・エニックス)

A 今日集まったのは、皆さん「ジャンプ」作品のアシスタント経験者なんですよね。

B ジャンプ作家さんのところは比較的ギャラがいいから、人気がありますよね。知り合いが『バクマン。』【1】の小畑健さんのところに行ってたんですけど、1日2万円だったって言ってました。金額としては平均的な気がしますけど、平日5日入って、土日休みというのが1セットで、毎週入っている人も、隔週の人もいて、かなり融通を利かせてくれたらしいです。1日の稼働時間も、だいたい9~21時きっかりだったとか。まあ、私語厳禁で、休憩もほとんど取らないらしいですけど。

C それでも、1日12時間でちゃんと終わって2万円ならいいですね。1本終わるまで帰らせてくれない作家さんとかも多いから、ジャンプ作品で1日1万円以下はまずあり得ないとは思うけど、2万円いかないところもありますからね。

A 僕、『ROOKIES』【2】の森田まさのりさんのところに行ってたことがあるんですが、あそこはよかったですよ。最初は月給18万円くらいからだったと思いますけど、3カ月おきに1万円ずつくらい上げてくれたので。残業もないし、お昼は2時間、みんな一斉に休憩を取らせてくれました。

D  森田さんはすごく優しい方だって聞きますし、うらやましい話ですね。『るろうに剣心』【3】の和月伸宏さんのところも、ギャラはよかったです。ただ、徹夜続きになることはしょっちゅうでしたけど……。そう言えば、『ONE PIECE』の尾田栄一郎さんのところって、「チーフアシスタントになると年収2000万円」っていう都市伝説があるじゃないですか。さすがに、あり得ないですよね?

C あれは完全にデマでしょう(苦笑)。そもそも尾田さんのところには「チーフアシスタント」なんていないですから。みんな平等だって聞きましたよ。尾田さんは「アシスタントは、いずれプロになるための通過点で、あくまで修行中の身」という考え方らしいので、むしろアシのギャラはそんなによくないですよ。

A 確か、多い人で月収25万円くらいなんですよね? 僕はその話を聞いた時、日本で一番売れているマンガ家のアシスタントがそれだけしかもらえないなんて、夢のない話だなって思ってしまいましたけど……。

D いやあ、僕は尾田さんの考え方って正しいと思いますけどね。アシスタントを職業にして生計を立てる、いわゆる“プロアシ”でいいっていう人もいるけど、みんな最初はマンガ家を目指してアシスタントになったわけですから、そこで苦しい思いをしないと、上を目指そうって思わなくなっちゃいますからね。

C それで一度、『NARUTO -ナルト-』【4】の岸本斉史さんが集英社の担当編集から怒られたらしいですよ。「先生のところはギャラが良すぎて、アシスタントが自分のマンガを描かなくなるので下げてください」って(笑)。岸本さんってすごくいい方なんですよ。最初は日給1万2000円とか、決して高くはないんですけど、どんどん昇給してくれるので、ピーク時は一番経歴の長いアシのギャラがひと月80万円くらいまでになってたらしいです。

A それはすごいな。昔、秋田書店の部長さんが月収80万円だという話を聞いた板垣恵介さんが、「アーティストが版元の社員より給料が安いのはダメだ!」って言ってチーフアシに毎月80万円払っていた……という伝説は聞いたことがありますけど、「ジャンプ」にもいたんですね……。

B でも、それはさすがに超レアケースですから、プロアシでいいなら『ゴルゴ13』のさいとう・たかをさんや『北斗の拳』の原哲夫さんのところみたいに、アシスタントを社員にしてくれる作家さんのところにちゃんと就職したほうがいいですよね。

D それは言えてる。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の秋本治さんのところも会社になっていて、あそこはチーフアシクラスで年収1000万円だって言いますしね。秋本さんが行けない時はそのチーフアシが代わりに取材に行ったり、作風に関わるような部分まで任せてもらえるらしくて、 藤子・F・不二雄プロみたいに、先生が亡くなった後にも作品が受け継がれるよう、ちゃんと考えているんじゃないかな。マンガで一生面倒を見てもらえるなんて、すごいことですよ。

「アシにいじめられた」はマンガ家たちの常套句

C とはいえ、いくらギャラがよくても、絶対にアシになりたくないっていう作家さんはいますよね。先ほど話に出た板垣さんとか……。

A、B、D 絶対なりたくない!(笑)【こちらの記事参照】

B そういえば、知り合いが、『カウンタック』【5】の連載時に、梅澤春人さんのところでアシスタントをやってたんですけど、梅澤さんてもともとデザイナーだったから、自宅がコンクリート打ちっぱなしのおしゃれな感じらしいんですよ。ただ、1~2階を居住スペース、地下を仕事場にしていて、コンクリートの壁に窓もないから、相当空気が悪かったみたいです。しかも、基本泊まり込みで、1本仕上がるまで部屋から出してもらえないとか。寝る時は仕事部屋の隣にある二段ベッドだし、閉塞感がありすぎて、みんな精神的に滅入っていくみたいです。

D 地下の仕事部屋は嫌ですよね。僕の友達が『I"s』【6】の桂正和さんのところでアシをやってたんですけど、あそこも仕事部屋が半地下らしくて、やっぱり空気が悪かったって言ってました。まあ、彼が入ったのが、レギュラーでやってきた桂さんのアシスタントが全員辞める前の最後の3日間だったので、そりゃあいろんな意味で空気が悪いだろうね……って感じですけど。

A 桂さんって、チーフアシにだけすごい文句言ったり、描いたものをなかなかチェックしてもらえなくて無駄に手が空く時間ができちゃったり、仕事場での効率が悪いっていう話をよく聞きますよね。そのせいで、アシ全員に逃げられたっていう。

C アシに逃げられたといえば、冨樫義博さんもですよね。『HUNTER×HUNTER』【7】が休載するようになったのは、『美少女戦士セーラームーン』(講談社)の武内直子さんと結婚して仕事どころじゃなくなったからだって言われてましたけど、アシ全員に逃げられてから“ひと月に10枚しか原稿描けない病”にかかってしまったというのが正解(苦笑)。部屋は汚いわ、性格の浮き沈みは激しいわで、アシが我慢できなくなって逃げ出したんですけど、編集担当には、「アシにいじめられてひどく傷ついたから」とか言ってるらしいですよ。

B 「アシにいじめられた」って、『地獄先生ぬ~べ~』【8】の岡野剛さんみたいですね(笑)。一番最初に雇ったアシが3人とも男の子だったんだけど、「彼らにすごくいじめられたから男はもう嫌だ!」って言って女の子しか雇わなくなったらしい……。本当は女好きなだけなのに!

D 岡野さん、一応、アシの募集要項には「性別不問」って書いてるんですよね。男性作家で女性のみの募集だとどう考えても違和感があるから、募集上はそうしておいて、採るのは全員女の子っていう。

C 今年の6月に強制わいせつと傷害で逮捕された、『きらきらひかる』(講談社)の郷田マモラさんもそうでしたよね。アシの女の子を犯した上に暴力を振るうって最悪ですよ。

B 「ジャンプ」以外の媒体の作家さんとしては、かなり売れてる人だったのにね。最近はマンガ業界って女性のほうが多いから、「男性作家はアシに手を出す」みたいなイメージがつくのは本当に迷惑。

A じゃあ、男相手なら何してもいいかというと、それも違う! って言っておきたいですけど。これも「ジャンプ」じゃないけど、小学館の媒体で連載してたRさんという大御所作家さんが、アシの顔を殴って自分の手を骨折したことがあるんですよ。骨折するほどの勢いで殴るって、さすがにマズイでしょう?

D Rさんもそうだと思うんですけど、絵にこだわりの強い人ほど、当然、アシにも厳しくなりますよね。『るろ剣』の和月さんも、それなんですよ。『るろ剣』って、江戸時代が舞台なので、背景にくる建物の高さは本来低いんです。だけど作品に出てくるキャラクターがみんな190cmくらいなので、背景を入れるアシスタントがバランスを気にして屋根の位置を少し高く描いてしまったりする。そうすると、「建物、2mm下げて!」と檄が飛ぶんです。徹夜で作業して、建物を2mm下げるために全部やり直して、また徹夜になって……さすがに疲れが溜まって、昼間に居眠りをするアシも出てくるわけですよ。そうすると、物差しで「スパーン」と殴られるっていう。ひどい時は、灰皿が飛んだりとかも。

B 和月さんはアシ経験のある人だったと思いますけど、「ジャンプ」は才能があって10~20代前半でいきなり連載を持つ作家さんも多いので、そういう人に限って、やたら厳しかったりもしますよね。自分にアシスタント経験がないから、どんな待遇で、どう扱っていいかがわからないんですよ。講談社の場合は、アシスタントにかかる費用を半分持ってくれるなど、新人で連載を持った作家の面倒もちゃんと見てくれるんですが、集英社の場合、最初から全部作家持ちなので、各々自由にやってくださいというスタンス。

C 昔は集英社も、新人作家には単行本の1巻が出るまでアシ代を全部払ってくれていたらしいですけどね。せめて、「ほかの作家はこうしてる」と教えてくれればいいんですが、基準がないからバラつきが激しい。

A 編集部内でも、あまり情報共有がされていないのかもしれないですね。最近の20代の編集さんは少し違いますけど、そもそもマンガ好きの編集自体が少なくて、作品も全然読んでなかったりしますから。

B そうそう、1997年に『COSMOS』っていう、今『NARUTO』の岸本さんのところでアシをしてる池本幹雄さんが描いた読み切りマンガが「ジャンプ」に掲載されたんですけど、これが、松本大洋のまるパクリだったんですよ。どう見ても、『鉄コン筋クリート』(小学館)だろ! っていう。当然、マンガ業界的には「『ジャンプ』がそれをやっちゃあダメじゃん!」って騒然としたんですけど、後日知り合いのマンガ家が集英社の編集さんに「あれ、大丈夫だったんですか? 松本大洋の『鉄コン筋クリート』まんまだったじゃないですか」って聞いたら、「え? 松本大洋って誰?」って返されたらしくて。担当媒体の作品はともかく、他社刊行の作品までチェックしている人は意外と少ない。

A そもそも、集英社に限らず、講談社、小学館といった大手については、どこの部署に配属されるかわからないですし、マンガ編集ならマンガをすごく知っていなきゃいけないなんてこともないんですけど、それなりの弊害はありますよね。それなのに、「マンガはマンガ家が知ってればいい。俺らは、マンガを知らない立場としていい意見を言ってやってる」っていう編集者が多いから、イラっとしてしまう。

C よく言われることですけど、「ジャンプ」は100%作家任せですからね。今連載をしている某人気マンガの作者さんなんて、「編集者は足手まとい以外の何者でもない」って言ってたらしいですし。まあ、そんなに意地悪言わなくても……とは思いますけどね。

最近のマンガ家はモテる? 『暗殺教室』作家の素顔

D 編集に意地悪言いたくなる気持ちもわからなくもないですけどね。マンガ家って、普通の会社員やってたらモテないけど、マンガ家だからかろうじて相手にされてる……みたいなところがあるじゃないですか。でも、集英社の編集なんて言ったら、間違いなくモテエリートですからね! 僕らとは最初から違う世界にいるって感じを出しているというか。

B いや、そんなひがみから言ってるわけじゃないでしょ(笑)。

C モテるモテないの話でいうと、最近は普通にかっこいい作家さんも増えてませんか? 『暗殺教室』【9】の松井優征さんとか『進撃の巨人』(講談社)の諫山創さんとか。

A 松井さんかっこいいですよね。ただ、彼は自己プロデュース能力が高いから、メディアではチャラい感じなんだけど、実際会うと全然そんな人じゃない。根暗というか、オタクというか。

D 諫山さんも、女の人と全然目を見て会話ができないって聞きますよね。そのくせ、ももいろクローバーZにハマってて、「ももクロと結婚したい!」って言ってるとか。

B 彼くらい稼いでたらあり得なくないから怖いですよね(苦笑)。

C 最近、不倫話もよく聞きますよ。『シャーマンキング』【10】の武井宏之さんってトークが面白くて昔からモテるんですけど、九州かどこかで知り合った女性にハマって、東京に連れて帰ってきちゃったんですよ。それで、奥さんと子どもを捨てて……。

A うわー、奥さんかわいそう。あと、『D.Gray-man』【11】の作者・星野桂さんが担当編集に恋して、告白したら「婚約中の彼女がいるんで」って言って振られた話、知ってます? それで星野さんが家に閉じこもって「もう続きを描けません」ってゴネて、休載したことがあるんですよ。もともとスタジオジブリで酷使されてきた人ですから、マンガ家に転身した途端、担当編集にチヤホヤされてコロっていってしまったんでしょうけど……。その編集さん、編集長に「なんでうまくやらないんだ!」って怒られて、謝りに行ったらしいですよ。

B 星野さん、「ジャンプ」の女性作家の中ではかわいいほうなのに……。結局、マンガ家がチヤホヤされるのって、作品があるからですよね。やっぱり、作家さんが編集に意地悪言う気持ち、わかってきた気がします!

C いやいやいや! だからそれは別問題でしょって!

(文/編集部)

1312_ashi_meeting_02.jpg

【1】『バクマン。』
小畑健画、大場つぐみ作/集英社(08~12年)/各420円

マンガ家を目指す真城最高が原作家志望の高木秋人と共に、「週刊少年ジャンプ」で連載を獲得すべく、歩みを進めていくマンガ家マンガの金字塔。


1312_ashi_meeting_03.jpg

【2】『ROOKIES』
森田まさのり/集英社文庫(98~03年)/各670円

二子玉川学園高校へ赴任してきた新人教師・川藤が出会ったのは、部員の起こした不祥事により活動停止中の野球部だった。


1312_ashi_meeting_04.jpg

【3】『るろうに剣心』
和月伸宏/集英社文庫(94~99年)/各720円

幕末の伝説の剣客、緋村剣心は、明治維新後、「不殺(ころさず)」を誓い、流浪人として全国を旅していたが……。06年には完全版も全22巻で発売された。


1312_ashi_meeting_05.jpg

【4】『NARUTO -ナルト-』
岸本斉史/集英社(99年~)/各420円

自身の体に、忌み嫌われる怪物・九尾が封印されている落ちこぼれ忍者ナルトが、自身の里一番の忍びである火影となるため、仲間たちとともに困難に立ち向かっていく。『ONE PIECE』と並ぶ「ジャンプ」の看板マンガ。


1312_ashi_meeting_06.jpg

【5】『カウンタック』
梅澤春人/集英社(04~12年)/各540円

「週刊ヤングジャンプ」にて連載された作品。主人公・空山 舜が子供の頃の夢だったランボルギーニ・カウンタック LP400を手に入れ、そのカウンタックを通じて起こるさまざまな人との交流やバトルを描く。


1312_ashi_meeting_07.jpg

【6】『I"s〈アイズ〉』
桂正和/集英社(97~00年)/各1300円

主人公・一貴の視点から、高校、大学での恋愛模様を描く。タイトルは、一貴(Ichitaka)、伊織(Iori)、いつき(Itsuki)、泉(Izumi)、藍子(アイコ)と全員「アイ」が絡んでいるという理由から付けられた。


1312_ashi_meeting_08.jpg

【7】『HUNTER×HUNTER』
冨樫義博/集英社(98年~)/各420円

99年以降、毎年10回以上は休載し、不定期連載の形を取る異例の人気作。発行部数6000万部(12年11月現在)。今年の年末には、アニメの映画版も公開される。


1312_ashi_meeting_09.jpg

【8】『地獄先生ぬ~べ~』
作:真倉 翔、画:岡野 剛/集英社文庫(93~99年)/各630円

舞台となる童守町で、正義感の強い霊能力教師、「ぬ~べ~」こと鵺野鳴介が、妖怪や霊から教え子や町民を助けるというストーリー。


1312_ashi_meeting_10.jpg

【9】『暗殺教室』
松井優征/集英社(12年~)/各420円

ある日突然、進学校の落ちこぼれ組に、どう見ても人間ではない謎の生物がやって来た。その生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」ことを宣言するが……。


1312_ashi_meeting_11.jpg

【10】『シャーマンキング』
武井宏之/集英社(98~04年)/各1200円

霊能力者(シャーマン)の少年・麻倉 葉が、シャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、全知全能の力を持つシャーマンキングとなるための戦いを描く物語。


1312_ashi_meeting_12.jpg

【11】『D.Gray-man』
星野 桂/集英社(04年~)/各460円

19世紀のヨーロッパを舞台に、悪性兵器「AKUMA」を阻止すべく奮闘する、エクソシスト・アレンを描く。09年より「ジャンプスクエア」で連載が再開されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ