サイゾーpremium  > 特集  > ジャニーズ  > 【ジャニーズ】新生ユニット『舞祭組』の泥にまみれた履歴書!

yahoo!会員1カ月無料キャンペーン中!今、Yahoo! ウォレット経由でサイゾーpremiumにご登録いただくと、1カ月無料に!ジャニーズ関連記事も読み放題です!※2カ月以上ご利用いただいた場合のみ。

kissmy_az.jpg
『裸の時代』(集英社)公式本だけど4人はもちろん裏表紙。

――7人からなるKis-My-Ft2の中でも、「後ろの4人」「二軍」「バックダンサー」などと揶揄され、陰日向に追いやられていた二階堂高嗣、宮田俊哉、千賀健永、横尾渉の4人が今なぜかアツい。

 バラエティ番組をきっかけに「ジャニーズなのにブサイクキャラ」というこれまでになかった路線を確立しつつあるなか、SMAP中居正広のプロデュースでユニット『舞祭組(ブサイク)』を結成し、12月13日にはシングル「棚からぼたもち」をリリース。「BUSAIKU」の歌詞を連呼しながらのあまりにアッパーな曲調に度肝を抜かれたファンも多かろう。そこで今回は、Kis-My-Ft2の歴史のなかでも、特に泥にまみれた4人の知られざる歩みを振ってみよう。あまりの泥っぷりに、“自虐”に走る4人の姿勢に思わず納得!?


kissmy_3.jpg
「ニセボクロの人」こと二階堂くん。

空気が読めないワンダーボーイ
■二階堂高嗣(23歳)
にかいどう たかし:1990年8月6日、東京都生まれ。B型。

 Jr.のころから、とにかく“クソガキ”として悪名高く、ジャニーさんがSMAP香取慎吾を連れてきた際にも大声で「知らね~」と言い放ったり、赤西仁に「ちゃんと踊れよ!」と注意したりと怖いもの知らず。

 その空気の読めなさ・無神経さは年齢とともに順調に成長し、冠番組『キスマイBUSAIKU!?』では、的外れな言動ばかりでまったく女性をトキめかせることができず、万年最下位。

 千賀と仲が良く、ファンの間では「ニカ千」と呼ばれているが、本人はわざとらしい振る舞いはしたくないと断言。かと思えば「千賀=天使」と無邪気に語り、ファンの心を自然に弄ぶワンダーボーイ。

 ダンスパフォーマンスが素晴らしいが、ファンの間でもっぱら話題になるのは、二階堂の泣きボクロのことばかり。数年前に突如出現したこのホクロ、薄い日や濃い日があるらしく、「自力で毎日書いているのか?」「タトゥーにしたのでは?」とわずか1ミリのパーツにファンが振りまわされている。以前はチャームポイントだった八重歯がきれいになってしまったときもファンの悲しみは大きかった。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』