サイゾーpremium  > インタビュー  > 【山崎真実】──悩み多き元グラドルの「女優開眼宣言」
インタビュー
悩み多き元グラドルの「女優開眼宣言」

【山崎真実】元グラドル山崎真実が、オトナの女へ華麗に変貌!

+お気に入りに追加

――「すごく悩んでいた」というアイドル時代から4年。女優一本でやっていくと決めた“覚悟”とは?

1312_yamasaki_01.jpg
(写真/河西 遼)

 2005年8月号の月刊サイゾーの表紙には、白水着を着て横浜中華街に佇む山崎真実の姿がある。

「忙しくて毎日のように水着着てて、日々何を撮影してたかあまり覚えてないんです。ただ、サイゾーさんのあの表紙はよく覚えてます。実はあの頃、すごく悩んでたんですよね」

 グラビアアイドルとしていち時代を築いた彼女が雑誌のグラビアから姿を消して4年。その間、映画『シーサイドモーテル』『電人ザボーガー』などに出演、女優に専念し、新たな一歩を踏み出していたのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ