サイゾーpremium  > 特集2  > 暴走族、童貞、在日……多種多様な【10代ラッパー】

──昨年の夏休みに始まったテレビ番組の企画〈高校生RAP選手権〉が、大きな反響を呼んでいる。すでにその”動画”をネットで見たという読者の多くは、高校生たちが高いスキルでディスり合うさまに驚き、そして感動したのではないか。そんな企画の出場者を含む10代のラッパーたちに話を聞きながら、国内に浸透するヒップホップの潜在能力を考察したい。

1310_young_03.jpg
高校生RAP選手権第2回大会の決勝戦でバトルする在日韓国人3世のKay-onと自閉症のGOMESS。

「中卒でもヤンキーでもギャルちゃんでもオタッキーでも/ボンボンでもパンピーでもなれるZ/ラップキング」。第3回〈高校生RAP選手権〉は、審査員であるベテラン・ラッパー=DABOのそんなライミングで幕を閉じた。この、BSスカパー!の番組『BAZOOKA!!!』の名物企画の趣旨を簡単に説明すると、高校生ラッパーの頂点をトーナメント形式のMCバトルで決めようというもので、2012年7月にアップされた第1回大会のYouTubeの再生回数は今年9月頭の時点で140万回に迫る勢い。映画監督の大根仁のようないわゆるサブカルチャーのご意見番も絶賛し、3月に初めて公開で行われた第3回大会は大会場が満員になるなど、日本のヒップホップ・シーンから久しぶりに生まれたキラー・コンテンツだと言えるだろう。

 そして、〈高校生RAP選手権〉は、ほかにも日本のヒップホップの意外なほどのポテンシャルを明らかにした。諸外国に比べ、我が国においてこのジャンルはポピュラーではない。そうでなくとも、さまざまなマーケットが高齢化し、尻すぼまりになっていく時代に、同番組を通して見えてきたのは、「ラップをしている若者の数は案外多い」ということ。また、「それは、全国に広がっている」。しかも、「クオリティが高い」。何よりも、冒頭のDABOのリリックにあったように、「キャラクターは多種多様」という、いたって健全な姿だ。90年代に起こったブームの後、世間に忘れ去られたかのごとく見えた日本のヒップホップが密かにシーンを広げ、新陳代謝を繰り返していた背景には何があるのか。10代のラッパーたちに話を聞いた。

口喧嘩を得意とする父子家庭育ちの暴走族

1310_young_04.jpg
【1】神奈川県川崎在住のLIL MAN【2】同じく川崎で生活しているdodo【3】北海道旭川在住のGOKU GREENと彼の2ndアルバム『Thrill of Life』(BLACK SWAN)【4】旭川でGOKU GREENと共に活動するRy-lax

 第1回大会で特に印象に残ったのが、準優勝者のLIL MAN【1】だ。名前の通り、小学生と見紛う幼いルックスにもかかわらず、いざマイクを握れば、挑発的なパフォーマンスと確かなスキルで対戦相手を圧倒するさまは、MCバトルの原点が口喧嘩であることを思い出させる。第2回、第3回でもその勇姿を見たが、地元の神奈川県・川崎駅で待ち合わせた彼は、さらに成長したように感じられた。10代にとっての1年はそれぐらい大きいのだ。

「ラップ以外でも口喧嘩は得意ですね。散々、おちょくって逃げちゃう。相手が怒ったら、“じゃ、オレ行くわ”って、実戦は友達に任す」

 そう言うLIL MANは、生意気そうだが、どこか色気があった。今年17歳の彼は、昨年末で高校を中退し、建設現場で職人として働いていたものの、それも辞め、最近はもっぱら同世代で組んだ暴走族の活動がメイン。ラップを始めたのも、「中学生ぐらいのときに地元のチームに入ったんですけど、先輩がイベントを開くことになって、そこで、“お前、ラップやれ”って言われたのがマイクを持ったきっかけ」だと振り返る。

 ヒップホップで最初にハマったのは、SEEDAの『花と雨』。ドラッグの売買の末に逮捕された経験を歌ったアルバムだが、「まわりでよく聞く話だし、興味を持った」。憧れているのはANARCHY。彼のラップにしても、「父子家庭っていう環境が自分と同じだったから共感しましたね。アメリカのものは聴かない。やっぱり、日本語のほうが感情移入できる」。

 そして、LIL MAN自身も、番組に出演後、ちょっとしたスターになった。

「先輩に言われて出たら、まさかこんなに観られるとは。同い年ぐらいのラッパーによく話しかけられます。でも、無視。知らないヤツ、苦手なんで。女の子ならいいですけど。大切なのはやっぱり地元の仲間」

 ラップよりも、彼らと騒ぐのが楽しいと語る。

「ラッパーを続ける気はないんですけど、将来はイベントにかかわる仕事がしたいです。DJとか、バーテンとか……やってみたいことがいっぱいある」

 一方、同じ市内だが、LIL MANが拠点とする川崎駅周辺の猥雑さとは対照的な、閑静な住宅街に住む第3回大会出場者のdodo【2】は、性格や嗜好も正反対に思える。

「春に高校を卒業して、今は音楽学校に通っています。それで、授業が終わったらすぐ帰ってきて曲を作って……音楽だけの生活ですね」

 綺麗に整頓された部屋で、そう言って苦笑いする彼は、しかし、楽曲の中では下世話なキャラクター“dodo”に豹変するのだ。

 dodoは、〈高校生RAP選手権〉に出場する前から、コアなヒップホップ・リスナーの間で、注目の存在だった。彼がネットに上げる楽曲からは、すでに強い個性と、高い技術と、深い知識が感じられる。

「ヒップホップを聴くようになったのは高一のとき。フロー・ライダーの“ロウ”って曲をMTVで聴いてアルバムを買ったら、その中にひとり気になるヤツがいたんです」

 それは、リル・ウェイン。アメリカのシーンの中でも特に強烈なキャラクターで知られ、しかも、売れているラッパーだ。残念ながら、日本のチャートには、それを受け入れるような許容力はない。

「こんなの聴いたことがないと思って、一気にハマりましたね。でも、お金がないから、CDはそんなに買えないし、YouTubeで聴いて、歌詞をググって、自分で訳して。高校は国際科だったので、英語はわりとできるんです」

 やがて、そのラップは彼の身体に染み込み、そして、“dodo”が生まれた。

 彼はしばしばセックスについてラップする。また、自分が童貞だと宣言して憚らない。そして、その矛盾こそがリアルなのだと言う。

「やっぱり、好きなのはアメリカのラップなんですけど、僕は日本に住んでいて、しかも、彼らのような“セックス、ドラッグ、ヒップホップ”みたいな生活はまったくしていない。ヒップホップは自分をレペゼン【註:「代表する」という意のヒップホップ用語】することが大事だと思うんで、だったら、歪みをそのまま吐き出そうと」

 dodoの処女作ならぬ童貞作となるアルバムは今年中には聴けそうだ。

「同世代は意識しますけど、制作に関しては自分との闘いだと思っています」

DJの父親から受けた黒人音楽の英才教育

 そして、dodoを、「先を越された!」と発奮させたのが、ひとつ年下で、北海道は旭川を拠点にしているGOKU GREEN【3】だ。16歳で本格的に活動を始めて以来、すでに2枚のアルバムのほか、数多くの音源を発表している。ラッパーとしては勤勉な彼は、待ち合わせ場所に現れるや否や、「マズいんすよね、単位が。学校、サボりまくってて」とダルそうに呟いた。

「オレたちは、とにかくパーティ好き。一学期の終業式も、前日に遊びすぎて休んじゃいましたから」。GOKUが言うと、「オレはちゃんと行ったよ」とクルーのRy-lax【4】が突っ込む。そんな、高校生ですでに遊び人の風格を漂わせるGOKUは、DJで服屋も経営している父親より、ある種の英才教育を受けて育ったという。

「子どもの頃からカッコいいと思うのはみんな黒人でした。家でも車でもブラック・ミュージックがかかっていたんで」

 やがて、彼は、憧れるミュージシャンに近づきたいと考えるようになる。

「日本で音楽をやる気はなくて、早くアメリカに行きたいと思ってました。最初、ライムも英語で書いてたんですけど、なかなかうまくいかなくて、試しに日本語でやってみたら、意外と楽しくて」

 そうやって、遊びの延長でつくられた最初の音源集は、図らずも高校生ラップ・ブームの火付け役となった。しかし、GOKUは言う。

「同世代のラッパーとか、9割興味ないっすね。だって、ダサいじゃないですか」

 第3回大会に出場したRy-laxは、「せっかく、東京まで一緒に行ったのに、外で遊んでて、オレの試合観てなかったしなぁ」と嘆く。GOKUは続ける。

「やっぱり、若いだけじゃなくて音源がカッコいいヤツが好きなんです。dodo君とか。あと、大阪のKianie Jonesっていう14歳で黒人のハーフのヤツもヤバい」

 また、GOKUの目は相変わらずアメリカのほうを向いているようだ。

「旭川は寒いし、卒業したらL・Aに移住しようかなと」

 そして、Ry-laxも夢を語る。

「オレは東京でラッパーとして活動したい。でも、それまでに旭川のシーンも盛り上げたいです」

 そう、彼らの存在はポテンシャルそのものだ。

 こうして、10代のラッパーの話を聞いて浮かび上がってくるのは、世代に共通する何かというよりも、むしろ、プレイヤーの多様性と、そのプラットフォームとしての、ヒップホップの寛容性である。最後に、〈高校生RAP選手権〉のジャッジを務め、出場者の楽曲を集めたコンピレーション『HIGH SCHOOL HIGH』を制作した、ラッパーのDARTHREIDERの発言に耳を傾けよう。

「あの番組は、本来だったら、スクール・カーストで分けられているような子たちが戦いを通して交流するのが面白い。あるいは、今、学校が機能不全に陥っている中で、ヒップホップが受け入れ先の役割を果たしているんじゃないか。僕たち大人としては、これから、彼らを迎えられる場所づくりというものをちゃんとやっていかないといけないと考えています」

(取材・文/磯部 涼)

磯部 涼(いそべ・りょう)
1978年、千葉県生まれ。ライター。著書に『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)など。編著に『踊ってはいけない国、日本』『踊ってはいけない国で、踊り続けるために』(河出書房新社)がある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ