サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【宇野常寛】『僕らのニュースルーム革命』
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第41回

『僕らのニュースルーム革命』

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1310_az_horijun.jpg
『僕らのニュースルーム革命』

 僕の友人でもある元NHKアナウンサー・堀潤の初の著書『僕らのニュースルーム革命』(幻冬舎/書影欄外)が刊行された。堀は『ニュースウオッチ9』や『Bizスポ』などのニュース番組で知られたアナウンサーで、僕とはNHK・Eテレの討論番組『ニッポンのジレンマ』で知り合っている。

 堀は原発報道についての方針の違いなどから上層部と対立し、この春にNHKを辞め、以降はフリージャーナリストとして独自の活動を始めている。

 さて、本書を読み通すと、フリーランスになった堀の「狙い」が明確に浮かび上がってくる。堀が考えているのは、端的に述べれば硬直化した既存のマスメディアをインターネットの力で「蘇らせる」ことだ。堀の分析によればNHKに限らず、既存のマスメディアは制度的、組織文化的に硬直化して、その世界有数の高いポテンシャルを活かしきれていない(例えば番組のインターネット配信が進まないのは、はっきり述べれば地方局が既得権益を手放すことができないからだ)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』