サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > "一攫千金"狙い! 【韓ドラ業界】の懐事情
第1特集
韓国版リメイクブームの裏側【1】

“日ドラ”リメイク作品の量産は苦肉の策“一攫千金”狙い!韓ドラ業界の懐事情

+お気に入りに追加

――視聴率40%を記録した大ヒットドラマ『家政婦のミタ』。その韓国版リメイクが今、話題だ。昨今、韓国ではこうした”日ドラ”リメイクブームが定着しつつあるが、一方でその質の低下も叫ばれている──背景にある、苦しい”制作会社”の懐事情とは一体?

1310_K_01.jpg
雰囲気からそっくりな松嶋菜々子とチェ・ジウ。

「契約社員のわたしには、肝臓を酷使する自殺テロみたいな会食に参加する理由がありません」

 これは、2013年4月から韓国のKBSで放送されたドラマ『職場の神』での一幕だ。会社の飲み会に参加しないと言い切る契約社員に、憤慨した上司が「社会人としてどうかね」と詰め寄るが、「業務ではないので」と一蹴されてしまう。

 韓国社会では“飲みニケーション”が盛んで、職場の上司や同僚と週数回、明け方3~4時まで飲むのはざらだ。一部の大手企業でも、酒を飲み歩く体力が出世に直結するとまで言われており、「一緒に食事なんてしたくない」と面と向かって上司に言うなど、社会的にタブーに近い。

 しかし、リアルな社会でも“自殺テロ”みたいな会社付き合いに嫌気が差している視聴者が多かったのか、同作で描かれる“反抗的な非正規社員像”は意外にも好評を集めた。

 それにしても、妙に聞き覚えのあるセリフ。それもそのはず、『職場の神』は、篠原涼子主演のドラマ『ハケンの品格』(日テレ/07年)のリメイク作品なのだ。

 ここ数カ月、韓国では『職場の神』をはじめ、MBCの『女王の教室』、SBSの『その冬、風が吹く』(邦作『愛なんていらねえよ、夏』)など、日本ドラマのリメイク作品が相次いで発表されている。

 これまでも『星の金貨』(韓作『春の日』、05年【※以下、韓国での放送年】)、『白い巨塔』(07年)、『花より男子』(09年)、『イタズラなKiss』(10年)、『JIN-仁-』(韓作『Dr.JIN』)など多くの作品がリメイクされたが、韓国の地上波放送を独占する3大放送局(KBS、MBC、SBS)が同時期にこぞって放送に乗り出すのは、異例のことだ。さらに9月からは、日本で大ブームになった『家政婦のミタ』(韓作『怪しい家政婦』)も、リメイク作品として放送されている。主演は、日本でもお馴染みの大物女優、チェ・ジウ。韓国は、今まさに“日ドラ”リメイクブームを迎えているのだ。

 当然、制作側の意図をくみ取れば、長く続く日本の韓流ブームを利用したビジネス展開を視野に入れていることは想像に難くない。しかし、緊迫する日韓情勢の影響もあってか、「ここ数年、“韓ドラ”の日本人気にもかげりが見え始めている」(韓流雑誌関係者)とも言われており、そうした状況下での“リメイクラッシュ”は、必ずしも有益なビジネスとは言い切れないように思える。

 そもそも、日本ドラマの版権の相場は「これまでは、1話当たり2000~3000万ウォン(約181~272万円)前後。最近では少し高くなって、1話当たりが3000~4000万ウォン(約272~363万円)」(韓国テレビ局関係者)程度だという。人気作になれば、1話当たりの制作費が3000万円程度と言われるが、版権に約10%程度の資本を割くとなれば、決して安い買い物ではないだろう。となれば、韓国の制作会社が日ドラリメイクに力を注ぐメリットはどこにあるのか。

「『冬ソナ』のヒット以降、韓国のドラマコンテンツ事業は、海外展開することで収益が見込まれるビジネスモデルになっています。韓ドラが中国や台湾、東南アジアにも輸出されているのは、周知の事実でしょう。なかでも日本はダントツのトップクライアント。韓国地上波放送の番組輸出総額から見ると、2位の台湾に対し、日本への輸出総額は4倍以上差をつけた9473万ドル(約94億円)にも上ります。そのため、“日ドラ”の版権を買ってリメイク作品を作る人たちは、最初から再輸出することを狙っているはず。日韓関係もよくないし、日本での韓国ドラマに対する評判が落ちていることも事実です。それでも日本で売れるようにするためには、日本で人気だった作品をリメイクしたほうが、嫌悪感を少なくできると考えているのではないでしょうか」(韓国のドラマ制作関係者A氏)

 最近韓国では、前述したリメイクドラマのひとつ『その冬、風が吹く』が話題になった。同作が日本に逆輸入され、大きな利益を得たからだ。韓国の制作会社が日本から版権を購入した時の価格は、総額で約1億ウォン(約908万円)。しかし、日本に再輸出した際には、1話当たり約2億2000万ウォン(約2000万円)の値がついたという。総額にすると、実に30倍以上。まさに、一攫千金の“日ドラドリーム”となった。こうした、一気に作品価値が“ハネる”可能性を秘めた日本市場の魅力が、韓国ドラマ業界のリメイクブームを駆り立てる原動力になっているのだ。

再輸出の売り上げは所詮2~3割止まり

1310_K_02.jpg
日本ではヒット作品となった『女王の教室』の韓国版は、不評に終わった。

 しかし一方で、冷静な分析もある。韓ドラ業界の版権の売買に詳しいD氏の言葉だ。

「日本は確かに、韓ドラ業界にとって最大の顧客です。ただし、版権輸出で稼げる額など、ほとんどの作品の場合、全体収益の2~3割程度が限界ではないでしょうか? 例え、日本ドラマをリメイクしたとしても、再輸出時に高額で売れるというのは一部のケース。それも、まずは韓国でヒットした作品ばかりですよ」 

 例えば、『その冬、風が吹く』の1話当たりのCM枠を合算すると約3600万円、16話すべての枠が完売すれば、約5億7600万円程度の売り上げが見込まれていたという。過去の例から、PPL広告【編註:プロダクト・プレイスメント広告。作中で電子機器や車などを使用することで宣伝効果を狙うもの】やパッケージ商品の売り上げが2~5億円ほど加算されることを考えると、3億円という日本への版権輸出額が全体の2~3割程度だというのは信憑性がある。D氏は続けて言う。

「ちなみに、版権価格というのは輸出された先で見込まれる広告料やパッケージ商品(OSTやDVD)などの市場規模によって決まるため、韓国側の一方的な判断で価格が決められるわけではありません。しかも、日韓双方の放送局やエージェント、制作会社や出演陣などの複雑な利害関係が絡んでいるため、誰が一番儲けているのか、全体像を把握するのは困難です。一部では、韓国でリメイク作品が制作される際に、版権を持っている日本の制作サイドがキャスティングについて口を出すとの話もあります。日本の関係者にも、日ドラリメイク作品の人気が高まるメリットがあるという証拠ではないでしょうか」

 さらに、韓国メディアの多くは「現在の日ドラリメイクブームは、一攫千金狙いの投資というより“博打”を強要される制作会社が取った苦肉の策だ」と指摘する。

 日本ではあまり知られていないが、韓国ドラマの多くは外部の制作会社主導で制作されており、完成した作品を放送局が買い取るような形になっている。制作費のおよそ半分を、制作会社自身が賄わなければならないシステムなのだ。

 韓国の大手放送局は、90年代前半から番組の外注制作を始めたが、00年代に入って制作会社の数が一気に増えたため、過当競争がスタート。現在では、話題性や人気俳優のキャスティングなど、難しい条件をクリアできなければ編成権が得られないという傾向が強まっている。仮に編成権を得たとしても、俳優や脚本家のギャラが高騰を続けているため、放送局から支給される制作費だけでは作品を作ることは難しい。放送局に収益が入るCM枠とは別に、制作会社が独自に契約するPPL広告などを駆使しても、ヒット作に恵まれなければ大損する可能性がある。

 また、俳優へのギャラも制作会社を通じて支払われている。未払い事件(下記コラム参照)が頻発するのは、人気作に恵まれず、資金繰りに苦悩する制作会社が多い証拠だろう。そんな状況から、制作会社の立場としては、リスクヘッジとして日ドラをリメイクしつつ、販路を確保したいのではないだろうか。当然、日本で成功した作品なら、韓国での編成権を得る上でも、大きな説得材料になることは間違いない。

 しかし、韓ドラ界の現状を憂いながらも、自国のドラマ制作会社に対して「“日ドラ”の翻訳専門制作会社たち」と批判を加える韓国メディアが後を絶たない。所詮、リメイクはリメイクであり、オリジナルコンテンツを生み出せない構造が、韓国ドラマの質の低下を招くだろうというのだ。事実、視聴者のブログには「韓国で作った日本のリメイクドラマは最悪」「だからここ数年ドラマを見ないんだ」など、辛辣な批判が並んでいる。

 また、韓国でも、26~30%の視聴率を獲得できれば大ヒット、10%後半だとそこそこの人気番組として評価される中、今年発表されたリメイク作品はどれも、『その冬、風が吹く』が15・8%、『職場の神』14・2%、『女王の教室』8・2%と、ヒットしたとは言い難い。

 今後も続きそうな“日ドラ”リメイクブームは、韓ドラに発展をもたらすのか。それとも待つのは没落か──。結論が出るまでには、今しばらく時間がかかりそうだ。

(文/金原 悠)
(絵/河合 寛)

1310_K_03.jpg

【1】『職場の神』
13年/KBS/邦作:『ハケンの品格』/出演:キム・ヘス、オ・ジホほか

特Aランクのスーパー派遣社員は、124個の資格を持つ“スーパー契約社員”という設定に変更。反抗的な非正規社員像をコメディタッチで描いた。


1310_K_04.jpg

【2】『女王の教室』
13年/MBC/邦作:『女王の教室』/出演:コ・ヒョンジョンほか

日本では瞬間視聴率31.2%を記録したヒット作品だったが、韓国版では、女教師の“虐待”とも取れるような厳しい教育方法に共感が得られず、失敗。


1310_K_05.jpg

【3】『その冬、風が吹く』
13年/SBS/邦作:『愛なんていらねえよ、夏』/出演:ソン・ヘギョ、チョ・インソンほか

日本版では、渡部篤郎、広末涼子主演、堤幸彦が演出にかかわるなど、力の入った作品だったが、平均視聴率は7.8%と振るわず。むしろ、韓国版のほうが好評を得た作品。


1310_K_06.jpg

【4】『Dr.JIN』
12年/MBC/邦作:『JIN-仁-』/出演:ソン・スンホン、ジェジュンほか

JYJのジェジュンが出演することで注目を集めたが、マンガの原作者である村上もとか氏が自身の意に反して改変したものであると提訴し、日本では放映が取り止めになった。


1310_K_07.jpg

【5】『怪しい家政婦』
放送中/SBS/邦作:『家政婦のミタ』/出演:チェ・ジウ、カン・ジウほか

日本版は、21世紀に放送されたドラマとしては初めて視聴率が40%を超えた大ヒット作。リメイク版では、家政婦役をチェ・ジウが演じ、その冷たいキャラクターは話題を呼んでいる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ