サイゾーpremium  > 限定  > 【浜崎あゆみ】CD売れなくてもエイベックスの女王様の理由

1309_az_ayu.jpg
浜崎あゆみ『AClassical』。晩夏の風物詩的ネタ。

 レコード会社・エイベックスが主催する夏の野外ライブイベント「a-nation」を締めくくる東京公演が1日、調布市の味の素スタジアムで行われた浜崎あゆみが大トリで登場。「TO BE」、「July 1st」など8曲を披露し集まった約5万5000人のファンを熱狂させたことを各スポーツ紙やワイドショーが報じた。

 報道によると、昨年第1子の長男を出産し2年ぶりの同イベント出演となる倖田來未や、浜崎の“指名”で出演が決まった氣志團らが会場を盛り上げて“お膳立て”し、浜崎はセクシーなボディースーツ姿で登場。ラストの曲を歌い終えると、「Thank you!a-nation!ありがとうございました!」とファンにあいさつしイベントを締めくくったというが、今回出演したアーティストの中でCDの売り上げなどから大トリにふさわしいのは、前日の8月31日の同所の公演でトリをつとめた東方神起のほうだという。

「今年2月に発売した浜崎のアルバム『LOVE again』の売り上げは9万枚程度で、発売初週の売り上げは約5・3万枚にとどまったにもかかわらず、有力な対抗馬がいなかったためオリコンの週間アルバムランキングで初登場1位となった。それに対して、東方神起が3月に発売したアルバム『TIME』の売り上げは約30万枚で初週の売り上げは約24・3万枚で堂々のオリコン1位を獲得。6月発売のシングル『OCEAN』は約16万枚売り上げた。3年近く新曲が出ていない浜崎に対して、東方神起は新曲に収録されているカップリングにまで、まるまるタイアップが付くなど、分裂騒動でメンバーが5人から2人になった影響をまったく感じさせず、ここ数年のエイベックスへの貢献度はかなり高い」(音楽関係者)

 東方神起がトリをつとめた8月31日には今年結成35周年を迎え5年ぶりに活動を再開したサザンオールスターズがボーカル・桑田佳祐の地元である神奈川県茅ヶ崎市で凱旋ライブを行ったこともあり、翌日のスポーツ紙ではまったく取り上げることがなかったが、浜崎と東方神起といえば、11年のa-nationでひと悶着あっただけに、関係者も両者の扱いにはナーバスになっているというのだ。

「同年の最終日、もともと大トリは浜崎の予定だった。ところが、浜崎は当初、東方神起から分裂した3人が結成したユニット・JYJのメンバーのジュンスの双子の兄・JUNOとコラボした楽曲をステージで歌う予定だった。ところが、東方神起の2人がJUNOの出演に難色を示し、結局、出演できなくなったため浜崎がヘソを曲げ、東方神起に大トリを譲り歌唱順が入れ替わり、浜崎が自身のTwitterでエイベックスに対する不満をぶちまけてしまった。

 12年以降も集客が見込めるため東方神起は出演リストからは外していないが、浜崎のご機嫌を損ねないように、あえてメディアで目立たせないようにしている。浜崎といえば、『週刊文春』(文芸春秋)でエイベックス・松浦勝人社長とのデビュー時からの深すぎる関係が報じられたことからもわかるように松浦氏の中では“絶対無二”の存在でどれだけCDが売れなくなってもトップアーティストの地位は揺るがない。同社をここまで成長させた功労者でもあるだけに、本人が辞退しない限りは引退するまで同イベントの大トリは保障されている」(レコード会社関係者)

 大役をしっかりこなすとなれば、長年支持してくれたファンに“恩返し”するためにも、来年こそは新曲で大トリをつとめてほしいものだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』