サイゾーpremium  > 限定  > 【土屋アンナ】が仕事を選ばない理由
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

来た仕事はなんでも受ける!?土屋アンナが格安ギャラでも主演舞台のオファーを受けた切実な事情

+お気に入りに追加

1309_news_anna.jpg
『あんさんのチャチャッと1ヶ月 ピース・ごはん』(祥伝社)。結婚したらとりあえずレシピ本出せる!芸能人っていいな~!

 土屋アンナの初主演舞台『誓い~奇跡のシンガー~』の公演中止騒動をめぐり、舞台監督の甲斐智陽氏こと高橋茂氏が9日、土屋が稽古に参加しなかったため舞台が中止に追い込まれたとして、土屋と所属事務所に約3000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こし、会見をした。

 会見で配布された訴状から、土屋が公演終了後に受け取る予定だったギャラが210万円であったことが発覚したが、土屋のタレントとしての格を考えた場合、かなりギャラを抑えられていたという。

「損害賠償の内訳の人件費で、なぜか甲斐氏が被ったとされる損害の金額のウエートが大きく、演出料105万円、脚本料105万円、作詞・作曲料105万円の計315万円で土屋のギャラよりも高かったが、それに加え、慰謝料200万円を合わせた515万円を請求している。本来ならば、土屋クラスで12日の稽古に加え、13回の公演、前売りチケット7000円などからすると、土屋のギャラは600~700万円程度でなければ割が合わない。にもかかわらず、土屋は仕事を受け、結局揉めて、ギャラをもらうどころか、余分な裁判費用を支払い、それなりの賠償金も支払わなければならない状況に追い込まれてしまった」(スポーツ紙デスク)

 土屋は11日に神奈川県内で行われた音楽フェスに出演。提訴されてから初の公の場となったが騒動には触れず。そんな中、土屋がモデルの冨永愛とともに、昨年9月に引き続き、バラエティー番組『よゐこの無人島0円生活』(テレビ朝日系)に出演。9月1日に「土屋アンナ&冨永愛VS.よゐこ 過酷!!真夏の無人島で2泊3日?0円生活 5時間SP!」と題した5時間特番で放送されることが各スポーツ紙で報じられたが、今の土屋は基本的に仕事のオファーを断らない、というよりも、断れない状況なのだというのだ。

「とにかく、貪欲で、イベントやファッションショーなどに出演した後は、『またお仕事があったらお願いします!』としっかりあいさつするので、業界的にウケがいい。ところが、仕事を選べない状況に追い込まれたのには理由があり、実は土屋の家計も、母親が社長を務める所属事務所も火の車。土屋の夫のスタイリストは一昨年、酔っ払って暴れて都内のカラオケ店で店員にけがを負わせ、駆けつけた警察官の服を引っ張ったなどとして逮捕されたため、仕事が来なくなってしまった。そのため、土屋が一家の大黒柱。しかし、彼女は家事をまったくせずに、夕食は夫と2人の子どもを連れて連日居酒屋。そんな生活をしていれば、いくら金があっても足りない。所属事務所のほうも土屋がひとりで支えているような状態で、自転車操業。そのため、今回の訴訟沙汰はかなりの痛手となってしまった。とはいえ、土屋の日頃からの“営業”のおかげで、ほかの仕事にはさほど影響がなかったが、新規のオファーがなかなか入りづらそう」(女性誌記者)

 さすがに、土屋サイドも今後はもう少し慎重に仕事を選ぶことになりそうだが……。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』