サイゾーpremium  > インタビュー  > 【DJ WILDPARTY】──アニソンからブレイクコアをつなぐ新世代
インタビュー
アニソンからブレイクコアをつなぐ若手注目DJ!

【DJ WILDPARTY】「3秒で音楽は判断できる」新世代DJの音楽作法

+お気に入りに追加

──ブレイクコアからアニソン、J-POPまでジャンルレスに活躍する若手注目DJは、ネットでどんな曲の掘り方をしてるのか!?

1309_djwildparty_01.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

 1988年生まれで現在25歳、DJのキャリアは18歳でスタート、昨年は『MOGRA MIX VOL.1 mixed by DJ WILDPARTY』でメジャーデビューし、3人組DJユニットOL Killerのメンバーとしてフジロックへの出演も果たしたDJ WILDPARTY。エレクトロ、ヒップホップ、J-POP、アニソン、ブレイクコア……ジャンルや文脈すらも問わない新世代のプレイが人気となっている。物心ついたときからリミックス&サンプリング文化で育った彼の源流は、一体どこにあるのか――。

「積極的に音楽を聴くようになったのは、10歳離れてる兄の影響です。兄は90年代のサブカルチャーがすごい好きで、ボアダムスとかデート・コース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデンとかエッジの効いたオルタナやプログレ、当時盛り上がっていたテクノやDJカルチャーを、中学生・高校生だった僕にガンガン教えてくれました」

 大学生になると、その兄と自主的にクラブイベントを主催するようになり、そこでDJとしての初プレイを体験。同じ頃、音楽業界では、ネットレーベル「マルチネレコーズ」や秋葉原のクラブ「MOGRA」が注目を浴び、新世代の価値観が大きな流れを生み出すようになる。その中にいたのが、盟友であるDJ/トラックメイカーのtofubeatsやオカダダなどのミュージシャンだった。

「マルチネのtomadもMOGRAの店長であるD-YAMAもtofubeatsも、仲間みたいな意識はありますけど、そこまでガッチリした結束ってないんですよ。一緒にいて『日本の音楽シーンを変えてやる』とかは全く話さないですし、個々にはあるのかもしれませんが、僕は将来の展望とか全然ないです」

 そう言いながらも、音楽の世界に足を踏み入れるには大きな決断があった。現在のようにプロのDJとして活動する前、1年間のサラリーマン生活を送っているのだ。それが2011年のこと。

「3月11日って金曜日でしたよね。地震の後、土日の間に会社からは何の連絡もなく、とりあえず月曜日に出社しようと思って電車に乗ったら異常な混雑で。その満員電車に乗りながら『なんか違うな』って。普通に働いて週末の趣味としてDJをやればいいかなと思っていたんですが、あの日常に圧迫される感じに、ものすごい違和感がありました。それでもう好きなことやろうって。20代の元気な時なら失敗しても取り返しつくし、そう思って会社を辞めました」

 その結果、失敗どころか、今や海外からお呼びがかかるほどの活躍。

「海外のアニメエキスポとかに呼ばれたときは、アニソンとかオタクカルチャーの曲をかけてます。お客さんの反応は国によって全然違いますね。LAは一般にもダンスミュージックが普及しているので、皆ダンスがうまい。上海では、オタ芸を打ってる人が前列に何人かいるぐらいで、あまり踊ってる人はいなかった。日本は、バンドや歌手のコンサート文化が元にあるので、音を出す人のほうをじっと見るんです。だからDJの一挙手一投足にも注目している。自分も、見られることを意識したパフォーマンスを心がけたりしてます」

 先のネットレーベルをはじめ、ネット上には尋常でない量の楽曲が溢れ、誰でも容易に手に入れることができる。そんな状況のなか、選曲という役割を担うDJの価値は、今後ますます高まってゆく。

「今でもネットで曲は掘りまくってますが、最近はいい曲かどうか、3秒ぐらいでわかります。曲の波形があれば【註:SoundCloudなどでは曲の波形が表示される】、イントロ、ブレイク、ブレイク明けの3カ所を聴けば大体わかる。パッと聴いて判断できないと、ハードディスクがパンパンになっちゃいますからね。皆そんなに大量に聴いて、短い間に判断するのって難しいと思うので、DJとしてミックスで紹介できたらいいなと思います」

(文/おぐらりゅうじ)

DJ WILDPARTY(でぃーじぇー・わいるどぱーてぃー)
1988年、神奈川県生まれ。通称「ワイパ」。横浜のクラブとインターネットから出てきた新世代のオールジャンルDJ。注目の新星として、国内外各地のビッグイベントにブッキングされている。
TwitterID:@DJWILDPARTY 〈https://soundcloud.com/shot-bass-records

1309_djwildparty_02.jpg

『VS.[Versus]』
「EDM」と「闘い」をテーマにしたミックスCD。DJ WILDPARTY同様に新世代の注目株であるトラックメイカー・y0c1eやfu_mouによるEDMトラックと、海外クリエイターのトラックが1枚のCDの中で対決するというコンセプトになっており、収録された19曲はそれぞれに異なるカラーを持つ。
発売/6月26日(KSR Corp.)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ