サイゾーpremium  > ニュース  > 【premium限定】“威光”をすっかり失った浜崎あゆみ
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

元彼・内山麿我が堂々とテレビ出演!! “威光”をすっかり失った浜崎あゆみ

+お気に入りに追加

1307_ayu.jpg
しょっぱいスキャンダルばっかり。『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2012 A~HOTEL Love songs~』

 先月、新恋人である外国人コーディネーターとの熱愛が報じられた歌手・浜崎あゆみだが、元彼でバックダンサーをつとめていたマロこと内山麿我が11日に放送された、TBSの特番『嵐を呼ぶあぶない熟女V』に出演した。

 同番組は司会をつとめるお笑いコンビのチュートリアル、ピースとデヴィ夫人、淡路恵子らパワフルな熟女たちが、渦中のゲストとともにスタジオで過激なトークを繰り広げる番組。

 マロといえば、昨年11月に浜崎とそろって交際宣言し、ラブラブの2ショットで海外から帰国したものの、15歳年上でダンサーの妻と離婚調停中であることや、離婚調停中にもかかわらず同棲していたモデルとの間に子どもがいたことが報じられ、年末までに浜崎と破局したうえ、バックダンサーをクビに。

 5月に突如、動画投稿サイトYouTubeでロン毛をバッサリ切り、ホームレス生活を送っていたことなどを告白したが、番組では無収入にもかかわらず、現在は都内の高級住宅街にある家賃14万円の1Rマンションに暮らし、食事とジムでのトレーニング以外は歌手を目指し、所持金40万円でホームレスになった際に再起を目指して購入した25万円のギターで作曲活動に没頭していることを報告。

「やっぱり思考が大事だと思ってるんで」という理由で自炊しながらも、行きつけの魚屋で1尾650円のあじを購入して1.5万円の包丁でさばいてなめろうを作り、ほうれんそうのおひたしにかける鰹節を2万円の削り器で削るなど無収入とは思えない“セレブ生活”を送っているVTRが放映された。熟女たちからパトロンの存在を聞かれたマロは「いません」とキッパリ否定したが、かつてならば信じられない番組の構成だったというのだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』