サイゾーpremium  > 限定  > 【premium限定】矢口真里の不倫相手・梅田賢三の“手業”

1306_sinisarase01.jpg
『出張ホスト―僕は一晩45000円で女性に抱かれる』(幻冬舎アウトロー文庫)

 俳優の中村昌也と離婚したタレント・矢口真里の不倫相手として一躍その名が世に知れ渡ったモデルの梅田賢三のツイッターを再開したことがネット上で話題となっていたが、梅田の前所属事務所は5日、「本人ではなく、なりすまし」と一部メディアに対してようやく真偽を明らかにした。

「矢口との不倫騒動渦中の5月21日に再開され、当初は梅田のなりすましと思われていたが『多額な賠償金請求されたらほんと死ぬ』などリアリティのあるつぶやきが多く、おまけに非公開にしてフォロワーしか閲覧できない状態だったので、本人かと思われていた。ところが、中村と同じ事務所の某俳優をバカにするような書き込みや、矢口と同じ元モーニング娘。のメンバーで女優の小川麻琴とフォローし合ってつぶやくなど、矢口・中村両サイドを敵に回すような状態に。さすがに、梅田をクビにしたとはいえ、火の粉がふりかかるのを回避するため、ようやく『なりすまし』と発表したのだろう。もし梅田本人の書き込みだったとしても『なりすまし』と発表しておけば“火消し”になる」(芸能記者)

 そんな梅田の“副業”が3日発売の夕刊紙「夕刊フジ」で明らかになった。

 同紙によると、モデルをしながら、梅田は都内でイケメンをそろえたリラクゼーション施設に勤務。店は完全予約制で、同店のHPによると、全身の美容整体が90分1万円。「源氏名」でリラクゼーションを担当するセラピストの1人として登録。自己紹介欄では、「サーフィン、書道」が趣味で、「笑顔で始まり、笑顔で終わる。人間対人間のリラクゼーションを届ければと思います」とコメント。「全員がイケメンで腕がよく、ネットや口コミで人気が広がりました。彼は創業メンバーのひとりで指名も多く、腕は確か。全身や局所を絶妙な力加減でほどよくほぐしてくれましたよ」という常連客の声も紹介されていた。

「最近、風俗業界では男性用のリラクゼーション施設として、『メンズエステ』が注目を浴び、表向きにヌキがないところほどセラピストのレベルが高くなるが、裏オプションや女性の個人的な“営業”で抜いてくれるところもある。一方、女性向けのエステサービスもその歴史が古く、とある店は閑静な住宅街のマンションの一室で営業されており看板もなし。値段は2時間5万円ほどで、女性が希望すれば本番サービスもありだとか。梅田が勤務していた『E』はどうだったか分からないが、店で鍛えたテクニックで矢口もイチコロだったのでは」(風俗ライター)

 矢口も自宅に“お持ち帰り”せず、店で“指名”するのにとどめておけば問題にならなかったはず。

 一方、矢口との不倫問題で事務所をクビになりモデル業は厳しい梅田だが、ネットではすでに店の名前や源氏名がバレバレなだけに、出勤すれば指名が殺到しそうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ