サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【「帰れま10」】はステマなのか?
第1特集
「帰れま10」の"カネとヤラセ"徹底追及!

超人気グルメコーナー「帰れま10」の“カネとヤラセ”をめぐる疑惑を追う

+お気に入りに追加

──13年4月に発表された「年度視聴率」で、テレビ朝日はプライムタイムに加え、ゴールデンタイムも1位となり、二冠を達成。テレ朝の快進撃は止まらない。その大きな立役者となっているのがバラエティ番組『お試しかっ!』の人気グルメコーナー「帰れま10」である。視聴者からは、「ステマ」だの「ヤラセ」だの言われているが、その実態は果たして……。

1306_kaerematen_01.jpg
「帰れま10」で扱われると企業もウェブサイトで堂々告知している。右は「築地すし好」、左は「なか卯」。

 テレビ業界では「ラーメンと動物は数字を取る」という都市伝説がささやかれるほど、グルメを扱う番組が数多く存在する。情報番組や旅番組、バラエティ番組のコーナー企画でグルメを扱うのは定番の手法で、13年4月末の時点でYahoo!テレビの番組表で「グルメ」と検索すると、地上波だけで180件がヒットした。また、10年頃から『シルシルミシルさんデー』(テレビ朝日系)や『リアルスコープハイパー』(フジテレビ系)など、企業とタイアップする番組も確実に人気を集めている。そんな中、タイアップの手法とグルメ番組の要素をかけ合わせた内容で人気を集めている番組が『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』(テレビ朝日系)のコーナー企画「帰れま10」だ。

「帰れま10」はタレントが毎回チェーン展開する飲食店や大手食品メーカーの人気メニュートップ10を実際に食べて当て、正解が出るまで帰れないという企画。月4回の通常放送だけでなく、番組改編期などには「帰れま10」だけのスペシャル放送として2~3時間の特番が現在までに122回も放送されており、毎回15%前後の高視聴率をキープしている。通常番組では1時間程度メニューを延々紹介することになるため、放送翌日から紹介した企業の売上が大きく上昇し、ホームページがアクセス過多でダウンすることもあるなど広告効果は絶大だ。そうなると、当然「企業から番組にお金が出ているのでは?」と裏金の流れを邪推したくなるが……。

「番組サイドも紹介料などは受け取っていないと思いますよ。CMを入れてもらっている企業に顔が立ちませんし、もしバレたら大損害を被ります。仮に番組で紹介する尺をCM料金で換算したら、億単位の話になりますから」

 こう語るのは、大手番組制作会社の中堅ディレクターD氏だ。ただ確かに、企業からカネが出ているという一説もある。そこで、試しに番組で紹介された企業数社にホームページのお客様問い合わせフォームからメールを出してみた。ほとんどは「回答できません」という返答だったが、株式会社リンガーハットのみ「金銭を受け取ったり、支払ったことはありません」という回答が返ってきた。

 しかし、番組サイドに金銭的なメリットが存在しないわけではない。数々の人気番組を担当する構成作家のN氏は、次のように語る。

「番組で使用した料理の代金や調理スタッフの人件費など諸経費は、基本的に企業持ちでしょうね。グルメ番組でもタイアップ企業にスタッフのアゴ(食事代)マクラ(宿泊代)の負担をお願いするのは一般的ですから。スタジオを使わずに実際の店舗を借りてロケをするだけでも、番組としてはかなりの経費削減になります。『チューボーですよ!』(TBS系)や『料理の鉄人』を復活させた『アイアンシェフ』(フジテレビ系、13年3月末で放送終了)のようにスタジオにキッチンを持ち込む番組もありますが、あの手のつくりは非常にお金と手間がかかるんです。また、街ブラ系番組はタレントさんのケアと事前のリサーチ、許可取りが大変な割に意外と撮れ高が少ない。その点『帰れま10』はただ当たるまでメニューを食べ続けるだけですから、台本すらロクに必要ないんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』