サイゾーpremium  > 連載  > 法“痴”国家ニッポン  > 【連載】法痴国家ニッポン/「司法改革の軌道修正」
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【8】

弁護士増員計画の頓挫と総会屋排斥との“共通点”

+お気に入りに追加

法と犯罪と司法から、我が国のウラ側が見えてくる!! 治安悪化の嘘を喝破する希代の法社会学者が語る、警察・検察行政のウラにひそむ真の”意図”──。

今月のニュース

「司法改革の軌道修正」
2006年度から始まった新司法試験の合格者数が年間約2000人と低迷していることを受け、13年3月、政府の法曹養成制度検討会議は、年間3000人程度を目標とした02年の政府計画の撤回を公表。教育成果の低い法科大学院の統廃合や補助金カットを進める方針を打ち出した。99年にスタートした司法制度改革は大きな転換点を迎えた。

1305_az_shihou.jpg
『司法改革の失敗』(花伝社)

 2013年3月、政府の法曹養成制度検討会議が、司法試験合格者数の低迷を受けて、合格者数を年間3000人程度まで増やすという政府計画の撤回を公表した、というニュースを新聞各紙が報じました。99年に始まった司法制度改革。当初、弁護士の増員を目的として新たに設置された法科大学院には学生が殺到し、第1回目の新司法試験(06年度)では過去最高の志願者数を記録するなど、そのスタートは実に華々しいものでした。

 それから10年あまり。01年に1万8243人だった弁護士の数は、12年までに3万2088人にまで急増しました。その一方で、弁護士の仕事は想定ほど増えずにパイの奪い合いとなり、就職できない新人弁護士の一部は低収入にあえいでいます。

 そもそも司法制度改革は、90年代後半の橋本政権による行政改革、すなわち規制緩和・自由競争を促進する流れの中で始まったもので、「行政による事前指導型社会から、司法による事後解決型社会へ」というスローガンのもと、従来の日本型社会からアメリカ型社会へ移行するための政策です。いうなれば我々は、その壮大な計画が軌道修正を余儀なくされた瞬間を目の当たりにしたわけです。

 ところで、そうした司法制度改革の一方で実施された、経済界における大きな改革のひとつに、81年と97年の2度の商法改正があります。その主目的は、総会屋の活動を厳しく制限すること。これにより、70年代後半の最盛期には8000人以上いたと推定される総会屋は、ほぼ完全に駆逐されました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』