サイゾーpremium  > 連載  > 学者・萱野稔人の"超"哲学入門  > 【連載】超高齢化社会で命は平等なのか?
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第31回

若者と老人の命の価値は同じか? 超高齢化社会で揺るがされる伝統的倫理

+お気に入りに追加

──国家とは、権力とは、そして暴力とはなんなのか……気鋭の哲学者・萱野稔人が、知的実践の手法を用いて、世の中の出来事を解説する──。

第31回テーマ「超高齢社会で命は平等なのか?」

1303_kayano_book.jpg

[今月の副読本]
『生と死の倫理』
ピーター・シンガー/昭和堂(98年)/2415円
医療技術の発達とともに、衰退する宗教的倫理――。先進国で顕著となった、イノベーションによって変化する生命の根本的概念を、オーストラリアの倫理学者が考察。新しい生と死の取り組みに、整合性はもたらされるのか?


 日本人の平均寿命は世界最長だということはよく知られています。WHO(世界保健機関)がだした"World Health Statistics 2011"によると、日本人の平均寿命は男性が80歳、女性が86歳となっており、2位のフランス(男性78歳、女性85歳)を引き離して世界最長です。これは国内的にも国際的にも評価されている日本のすばらしい点ですね。実際、一般的にも「長生きすることはいいことだ」と思われていますし、また平均寿命の長さはその国の医療制度がどこまで整っているかということとも関係していますから、やはり平均寿命が長いというのはすばらしいことでしょう(ちなみにWHOの"World Health Report 2000"では、医療の質の高さや医療サービスへのアクセスのよさ、医療費負担の公平性など、さまざまな基準からみて、日本の医療制度は世界最高だと評価されています)。

 とはいえ、少子高齢化がこのまま進んでいき「超」高齢社会が実現されていくと、日本人の平均寿命の長さはもろ手を挙げて評価されるものではなくなっていくかもしれません。長生きする高齢者が社会の「お荷物」だと思われてしまう可能性があるからです。そうなれば、「すべての人が長生きすることはいいことだ」という社会の基本的な価値観は崩れていくでしょうし、個々人にとっても「みじめな状態で社会に迷惑をかけてまで長生きしたくない」という感情がより強くなるでしょう。

 たとえば最近もこんな発言がありました。元総理大臣で、現在の第二次安倍内閣では副総理と財務大臣を務めている麻生太郎氏が1月21日の社会保障国民会議で述べた発言です。報道によると麻生副総理・財務相はそこで、終末期医療や延命治療に触れ、終末期の患者を「チューブの人間」だと表現しつつ、個人的な希望として「私は遺書を書いて『そういうことはしてもらう必要はない。さっさと死ぬから』と書いて渡してある」と発言しました。さらに、「いいかげん死にてえなあと思っても、『とにかく生きられますから』なんて生かされたんじゃあ、かなわない。しかも、その金が政府のお金でやってもらっているなんて思うと、ますます寝覚めが悪い」「さっさと死ねるようにしてもらうとか、いろんなことを考えないといけない」と述べたということです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』