サイゾーpremium  > 連載  > 学者・萱野稔人の"超"哲学入門  > 【連載】民主主義は限界に達したのか?
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第30回

自民党の"金融緩和による公共事業の促進"で将来世代が負担を押し付けられる!!民主主義の原理的限界

+お気に入りに追加

──国家とは、権力とは、そして暴力とはなんなのか……気鋭の哲学者・萱野稔人が、知的実践の手法を用いて、世の中の出来事を解説する──。

第30回テーマ「民主主義は限界に達したのか?」

1302_kayano_book.jpg

[今月の副読本]
『完訳 統治二論』
ジョン・ロック/岩波文庫(10年)/1386円
政治権力の起源は、国民たちの合意、すなわち社会契約 にあるべきだ――。1690年に出版されて以来、民主主義 の核心として読まれ続けた、イギリスの哲学者による政治 学の古典にして名著の完訳版。


 2012年は総選挙によって幕を閉じました。投票の結果、自民党が大勝し、3年3カ月続いた民主党政権に代わって再び政権を担うことになりました。

 ただし「民主主義の限界」といっても、それは死票が多い現行の小選挙区制の限界のことではありません。たしかに今回の選挙では、自民党は小選挙区で有効投票総数のうち43%の票を得たのに対し、獲得議席数は300議席の79%にあたる237議席を獲得しました。しかし、こうした結果になることは現行の小選挙区制を採用した時点で予想できたことで、結果がでてからそれを騒ぐのはフェアではありませんし、さらに根本的なことを言えば、どんな選挙制度にせよ国民の代表者を選挙するということは、多かれ少なかれ民意がデフォルメされたかたちで代表者が選出されることを不可避的にともないます。選挙制度の問題が重要ではないと主張するつもりはさらさらありませんが、それは民主主義そのものの限界とはまた別の問題です。「民主主義の限界」ということで問題にしたいのは、不利益分配の難しさです。つまり、民主主義のもとで利益分配を超えた政策をおこなうことは果たして可能なのか、という問題ですね。

 今回の総選挙で自民党は大胆な金融緩和と公共事業をつうじた景気対策を政策として掲げました。この政策のポイントは、増税をしなくても公共事業をバンバン打てる、というところにあります。公共事業をすれば、たしかにそれだけ仕事が増えて、雇用が生まれ、景気を押し上げてくれます。しかしそれには財源が必要で、本来ならその財源は税収からまかなわれなくてはなりません。既存の税収で足りないのであれば、増税ということになるでしょう。事実、2012年度の政府予算は、歳出が約90兆円であるのに対して、税収は約42兆円しかありませんでした。印紙収入などを合わせても46兆円程度です。すでに予算の半分ほどが赤字なんですね。これでは増税をしなければ、思い切った財政出動による公共事業を打つことはできないでしょう。ただし、政府が国債を発行して、借金をするのであれば、さしあたっては増税をしなくてすみます。そして、日本銀行がそれらの国債を最終的に買ってくれるという方針(金融緩和の方針)がでていれば、たとえ政府が借金まみれになっていても、民間の金融機関は安心して国債を買うことができるのです。普通なら、借金まみれになっている相手がいくらお金を貸してくれといっても、誰も――高い金利でなければ――お金を貸しませんよね。しかし、お金を発行している中央銀行がその借用書をそのまま買い取ってくれるとなれば話は別です。借金が多い相手にも安心してお金を貸すことができるでしょう。まさにここに、大胆な金融緩和と公共事業の抱き合わせの狙いがあるのです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』