サイゾーpremium  > 連載  > ギョーカイ(秘)座談会  >  【ギョーカイ座談会】今月のギョーカイ人:声優業界関係者
連載
コッソリ教えて!! ギョーカイ(秘)座談会 第4回

アイドル男性声優の極秘結婚は当たり前! 一般芸能化する声優が直面するゴシップ危機

+お気に入りに追加

──あんなニュースやこんなニュースの裏側を知りたければ、まずはその当事者に直接聞いたほうが早いはず。というわけで、あんな話からこんな話まで、内部の人間だからこそ語れる激ヤバトークをコッソリご開帳いたします!

[今月のギョーカイ人]声優業界関係者

 昨今、人気女性声優が少年マンガ誌のグラビアを飾るなど、一般誌への進出も著しく、芸能的な側面を強めている声優業界。こうした流れに伴い、声優スキャンダルが取り沙汰されることも散見される。そんな現状を、声優業界関係者はどう見ているのか? 小誌でも取り上げ、話題となった声優の恋愛事情から業界の問題点までを語ってもらった。

【座談会参加者】
A…アニメ制作会社関係者
B…声優事務所関係者
C…アニメ・声優系雑誌記者

1301_az_seiyu.jpg
『声優グランプリ 2013年 01月号』(主婦の友社)

A 今回、「声優業界」について話してくれってことで呼ばれたわけだけど、「サイゾー」(2012年10月号)に掲載されたアイドル声優・小野大輔の結婚については、声優ファンを中心に、ネットで炎上していましたね(笑)。小野は収録現場とかで普通に結婚について話してたから、業界的には「やっぱりバレたか」っていう感じだったよ。

B その後、小野がイベントで「噂は噂です」と発言して騒動を鎮静化させた。あの発言に関しては、小野の所属事務所であるマウスプロモーションがノータッチで、「タレントのプライベートは本人に任せる」というスタンスだったから、小野自身の判断で立ち回ったらしいです。

C 小野はマウスの看板声優のひとりなのに、ろくに守ってもらえなかったんですね。マウスといえば、今年7月に放送されたアニメ『ココロコネクト』のPRを兼ねたドッキリ企画が炎上していましたよね。若手声優の市来光弘に架空のオーディションを行い、番組に出演できないのに全国プロモーションとしてドサ回りをさせるという企画で、その無神経なやり口に非難が殺到した。市来はマウス所属なんですが、実はあの企画は市来のマネージャーが発案したものだったらしい。マウスはタレントの扱いがひどいように思える。

A 水樹奈々や平野綾が出てきた2005年頃から、声優のアイドル売りが過熱したけど、その割に声優事務所の管理体制は基本的に甘い。結婚している声優なんてゴロゴロいるけど、アイドル売りをするために、隠していることも多いからね。そのくせ、バレたら事務所が何もフォローをしないのはどうなのかな。

B BL系作品に出ていたり、アイドル売りをしている男性声優は、結婚について明言を避けるよね。『薄桜鬼』の斎藤一役の鳥海浩輔などを擁する人気男性声優ユニット「謎の新ユニットSTA☆MEN」のメンバーは、『SKET DANCE』ボッスン役の吉野裕行を除いて、全員結婚してるし、『戦国BASARA』片倉小十郎役の森川智之、『うたの☆プリンスさまっ♪』来栖翔役の下野紘も既婚者だけど、みんな年齢的に30~40代と、結婚していておかしい年じゃない。それでも、やっぱりファンは独身だって信じてる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載