サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > 文壇恐怖のエロおばはん・岩井志麻子が選ぶ...
あの有名人&識者が選ぶ「サイゾー」レコメンド!

文壇恐怖のエロおばはん・岩井志麻子が選ぶ、“人の業”を追った記事4選

+お気に入りに追加

1004_iwaishimako.jpg

――1999年の創刊以来、芸能界から政財界、ヤクザにIT業界まで、各業界のウラ側を見てきた「サイゾー」。巷間騒がれる小誌の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい! そんな思いから、「サイゾー」を愛読している物好きな(失敬!)有名人からおなじみの識者の方々に、「サイゾー」でしか読めないオススメ記事を選んでもらいました!! 今回のキュレーターは、作家の岩井志麻子氏。「サイゾー」ではタレントの徳光正行氏と共にやりたい放題の時事放談愛のずるむけい地を連載していたほか、数々の企画にご登場いただいております。そんな岩井氏が選ぶ業深き記事とは一体?


 私はやっぱり女性の犯罪に興味があるんですよ。この記事でちょうどまさに取り上げていますが、最近はインパクトの強い女性犯罪者がときどき登場しますよね。

『ゼロ年代“毒婦”の傾向と対策』
(2010年4月号特集「スキャンダル&ゴシップ白書」より)

 今なら、尼崎の角田美代子でしょうか。それから木嶋佳苗の事件もありましたねぇ。でも一番私が興味が有るのは、鳥取連続不審死の上田美由紀。佳苗が現代の女性の心を嫌な感じでつかんだのは、“自己実現”とか“自分磨き”、“自分探し”のようなことをやっているじゃないですか。高い料理教室に通ったり、ブランドものを買ったり。でも、結局のところ、特に田舎の男にとっては素直にヤラせてくれる女であればそういうのはどうでもいいんですよ(笑)。美由紀はそれをあまりに率直に体現して突きつけてきたから、目を背けたくなってしまうんでしょうね。徳光正行さんとの連載『愛のずるむけい地』でも、やっぱりその話をしてますね(笑)。

『09年最後に滑り込み! 男と女、アノ事件の核心』
(2010年4月号特集「スキャンダル&ゴシップ白書」より)

 徳光さんとは昨日もちょうどメールをしていたんですよ。今回の選挙には元スピードスケート選手の清水宏保が出馬するんでしょう? どあつかましいにもほどがある、という話をしていたんですけれども、なぜか谷亮子だと何をしても我々は「素敵!」と言ってしまうんですよねぇ……。

『いよいよ参院選! 女の人生、当選? 落選?』
(2010年7月号連載「愛のズルむけい地」より)

 我々のYAWARAラブはどこから来てるんでしょうね、という話をしていました。しかし、今回の衆院選もいろんな人が選挙に出るみたいですが、さすがにこれは政治のプロにやってほしいと思いますね。何もわからん芸能人やスポーツ選手が出るって、相撲取りのちゃんこ鍋屋じゃないんですから。

 連載以外で、記憶に残る「サイゾー」での仕事といえば、作家・西村賢太さんとの対談ですね。

『岩井志麻子×西村賢太──最強の私小説家2人が語る「絶対小説に書けない"借金と性"」』
(2011年7月号特集「タブー破りの本100冊」より)

 風俗通いを隠さない賢太さんが、「自分を知らない女とは変態プレイをして、知っている女とはノーマルプレイをする」という話が印象深かったですね(笑)。今度また「アサヒ芸能」の新年号で対談するんですが、賢太さんも、本来はテレビに出てはいけない人でしょう。まぁ私が言うなって話ですけどね(笑)。
(構成/編集部)

岩井志麻子(いわい・しまこ)
1964年、岡山県生まれ。少女小説家を経て、99年、『ぼっけえ、きょうてえ』で、日本ホラー小説大賞を受賞し再デビュー。媒体を股にかけ、エロと恐怖を本音で語る最凶オバハンキャラとして活躍中。『5時に夢中!』(MXTV)の木曜レギュラー。『湯女の櫛 備前風呂屋怪談』が、角川ホラー文庫から発売中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』