サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 内柴被告、無罪主張で離婚を拒否
ニュース
[サイゾーpremium限定ニュース]

「無罪だから離婚はしない」虎視眈々と獄中で無罪判決を狙う内柴正人被告

+お気に入りに追加
1212_uchishiba_pnews.jpg
『「メダリスト」スキャンダル事件簿』(宝島社)

 昨年12月に、教え子で未成年の女子柔道部員への準強姦容疑で逮捕されたアテネ・北京両五輪の柔道金メダリストで元九州看護福祉大学女子柔道部コーチの内柴正人被告。  

 9月の初公判から一貫して「合意の上だった」と容疑を否認し、先月下旬に4日間連続で行われた公判では恥ずかしげもなく部員との性行為を赤裸々に再現したが、気になるのは、内柴被告の妻子の近況。「内柴被告はいまだに法廷で妻子に対する反省の弁を口にしていないが、被害者を含めた3人の部員と関係を持ったにもかかわらず、法廷での態度からして、妻子に後ろめたいことをしたという意識はないようだ」(傍聴した記者)というが、「女性セブン」(小学館)の12月20日号が11月中に内柴被告が妻と離婚したことを報じている。

 同誌によると、内柴被告が面会にも応じないため、妻は内柴被告を信用できなくなり、事件のことで、2人の子どもが学校でいじめられたことにショックを受け、8月に子どもを連れて上京。同誌の取材に妻は、「すみません、何も話すことはありません…」と言うのみだったが、妻の知人によると、11月中旬に、内柴被告と離婚。今も夫のニュースが流れる度に「また子どもがいじめられたらどうしよう。もう生きているのがつらい」と泣いているというが、離婚情報をめぐってはさまざまな憶測が飛んでいるというのだ。

「『セブン』の記事を受けて、各社後追い取材をしたようだが、内柴被告の支援者や柔道関係者は『まだ離婚していないはず』と声をそろえ、内柴被告の弁護士は依頼者のプライベートを明かすはずもない。そこで浮上したのが、“偽装離婚”説。子供の将来を考えてとりあえず籍を抜くが、内柴被告が外に出てきたら、妻が支えるのでは、と言われていた」(スポーツ紙デスク)

 しかし、内柴被告の妻の心労はすでに限界を超えてしまっていたようで、もはや夫を支える気はなかったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』