サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > 哲学者・萱野稔人オススメの記事3選
あの有名人&識者が選ぶ「サイゾー」レコメンド!

哲学者・萱野稔人が選ぶ――「サイゾー」だからできた! 現代のアブない社会問題を追及した記事3選

+お気に入りに追加

1212_kayano_p.jpg
(写真/江森康之)

――1999年の創刊以来、芸能界から政財界、ヤクザにIT業界まで、各業界のウラ側を見てきた「サイゾー」。巷間騒がれる小誌の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい! そんな思いから、「サイゾー」を愛読している物好きな(失敬!)有名人からおなじみの識者の方々に、「サイゾー」でしか読めないオススメ記事を選んでもらいました!! 

 今回のキュレーターは、「月刊サイゾー」にて"超"現代哲学講座を連載中の萱野稔人氏。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)などにも出演している気鋭の哲学者です。そこで今回は、萱野稔人さんには、「サイゾーだから取り上げられる現代のアブない社会問題」に関する記事を選んでいただきました。


『必要なのはランドセルだけじゃない! 法整備が進まない児童養護施設と保護者なき子どもの行く末』

『ヤクザよりも怖い! 夜回り組長・石原伸司が見た"シセツ"と裏社会の関係』

『机の中が汚いとバットで殴られる……児童養護施設で虐待を受けた子どもたちの心の闇とは?』
(2011年3月号「〈2011年版〉ヤバい!! 「裏社会」学」【裏社会と児童養護施設のキケンな関係】より)

 生まれ育った境遇が違えば、まったく違ったふうに世界がみえるということを、よく理解させてくれる。こういうテーマを取りあげることができるのが、「サイゾー」のよさだと思う。


『主戦場はフィリピンから中国へ移動──臓器売買ブローカーは本当に儲かるのか?』

『今なら狙い目はやっぱり中国!? 金で臓器を買う日本人とそれに応える諸外国事情』
(2011年9月号「日本の〈裏社会〉学」【臓器売買"一兆円市場"の闇】より)

 これも「サイゾー」ならではの記事。今後、健康や延命、出産、美容といった分野は世界的にますます成長するとともに、倫理にかかわる問題でもあるため闇市場も同時に成長する。それは今後、非常に注目すべき分野となる。この記事は、取材がしにくい領域にがんばって食い込んでいる。続編を期待。


『サムソン、LG、現代自動車ら韓国系企業が抱える就労問題と著作権侵害』

『一触即発!? 各社を悩ます頭痛のタネ──3大韓国企業が抱える"爆弾"とは?』

『公務員試験に学生殺到で倍率は100倍! 大卒でも半分は就職できない韓国の若者』
(2011年2月号「生きる会社、死ぬ会社」【韓国系企業の暗部】より)

 マスコミやエコノミストたちが韓国経済を賞賛する中で、その限界を冷静に描く記事はとても意味がある。韓国経済のマネなんかしていたら日本経済はぜったいによくならない。この記事を読んでそれをよく理解すること。


萱野稔人(かやの・としひと)
1970年、愛知県生まれ。03年、パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。哲学博士。津田塾大学准教授。主な著書に『国家とはなにか』(以文社)、『カネと暴力の系譜学』(河出書房新社)、『権力の読みかた』(青土社)など。近著に『最新日本言論知図』(東京書籍)、『新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか』(NHK出版新書)など。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』