サイゾーpremium  > 特集  > IT  > [サイゾーpremium限定]アイドルライター【小明】に聞くSNSの活用法
第1特集
【限定】ITの進歩と歩んだAKB48の"誤爆""流出"スキャンダル史【5】

SNSは“まだ終わってない感”を出せる!? アイドルライター・小明のディスりコミュニケーション術

+お気に入りに追加
1211_akari.jpg
小明さんは「ニコニコ動画」内『サイゾーテレビ』で隔週放送中のウェブ番組「小明の副作用」に出演中。
また、小明さんの撮りおろしグラビア満載のメールマガジン「アカフクALTERNATIVE」も絶賛配信中です。

──昨今のアイドルビジネスに欠かせない存在となっているのが、ブログやツイッターなどのSNS。アイドル本人が文章や写真でメッセージを発信し、またそれを基にファンとコミュニケーションが図れることから、“時間とお金を遣って応援してくれるファンをどれだけ獲得できるか”が成功の鍵となるアイドルビジネスにおいては、まさに頼みの綱となっている。しかし、その一方で、炎上、誤爆、流出……など、SNSが“火元”となったスキャンダルによって失墜してしまうアイドルも後を絶たない。今年10月に発売された月刊誌『サイゾー』11月号でも、AKB48(以下、AKB)をはじめとする48グループのITスキャンダル史を総括したが、さらに深く掘り下げるべく、この人に話を聞いた。“アイドルライター”の肩書きで同誌でも活躍中の小明嬢だ!

小明(以下、) そんな導入で煽られても、記事になるお話ができるかどうか不安なんですけど……。そもそも芸能ゴシップとかあんまり詳しくないですし。

──いや、芸能ゴシップについて語っていただきたいわけではなくて、“アイドルとしてのSNSの使い方”で思うところをざっくばらんに聞かせていただけたらと。これは48グループに顕著なんですが、事務所の保護を受けている現役メンバーはまだしも、辞めた元メンバーが上手く使いこなせていない印象があるんですよね。書かなくてもいいこと書いちゃったり。

 やっぱり“AKBは辞めたけど、私はまだ終わってなんかない”感がそうさせているんじゃないですか。その感を外部に向けて醸し出すのに、SNSってちょうどいいんですよ。私も事務所を辞めた時、「これで引退とでも思われたら、この先何もできない」と思って、それでブログの更新だけは止めないようにしていましたから。ただ、そこで上手く使いこなせる子と、そうじゃない子の差ははっきり出ちゃいますよね。

──アイドルがSNSを使うと、多かれ少なかれファンと絡むことになりますけど、それってすごく難しいことだと思うんです。すべてのファンに平等に接しているつもりでも、勝手な解釈や誤解をしてくるファンもいるわけで……。

 だから、“見極め”が大事なんですよ。ひとくちにファンといっても、熱量の程度は人それぞれで、たまに私でもものすごく熱量の高い方からツイッターで話しかけていただくことがあるんです。でも、私の経験上、そういう方に一度返信してしまうと、「次も話しかけたら絶対に返信してくれるはず」と過度な期待をさせてしまいやすいので、申し訳ないけど返信はしないでおこうとか。逆に熱量が低いライトなファンの方には、ちょっと失礼なこと言っても笑ってくださるから大丈夫だろうとか。そうやって見極めてから返信を飛ばすように心がけてます。私は。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』