サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 工藤静香はなぜ【キムタク】を語らないのか
ニュース
[サイゾーpremium限定ニュース]

キムタクネタNGは狡猾な戦略だった!? 工藤静香がテレビで夫・キムタクの話題に触れない深い理由

+お気に入りに追加

 今年ソロデビュー25周年を迎え、約4年ぶりのシングルでシンガーソングライターの絢香初の提供曲「キミがくれたもの」を17日に発売するキムタク(木村拓哉)の妻・工藤静香が、14日に放送されたトークバラエティー番組「新堂本兄弟」(フジテレビ)に出演した。

1211_a_shizuka.jpg
「キミがくれたもの」(ポニーキャニオン)

 同番組はキムタクの事務所の後輩であるKinki KidsがMCをつとめるだけに、キムタクネタで盛り上がることが期待された。

 静香は自身が所属していた「プロダクション尾木」の後輩でAKB48総監督の高橋みなみから、「(AKB48総合プロデューサーの)秋元(康)さんをなんて呼んでましたか?」と聞かれ、「年齢が近かったからアッキ―」とあっけらかんと言い放って高橋を仰天させたり、「お魚食べたくなったら釣りに行く」と悠々自適な私生活について語ったものの、結局、キムタクネタについては一切触れなかった。

「以前から、トーク番組などに呼ばれても極力キムタクネタについて触れないようにしている。そのため、キムタクサイドから自身のネタを触れることに対し、NGが出ていると思われ続けていた」(テレビ関係者)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』