サイゾーpremium  > 特集2  > ミシュランだけじゃない! 食肉、マラソン...

──昨今話題に上がる"格付け"の多くは、投資家向け。私たちの生活に直結するものではない。では、我々が活用できる"格付け"にはどんなものがあるのか?ここでは、独立行政法人など、特定の団体が定める格付けの中で、実生活に役立ちそうなもの、変わった格付けなどをピックアップしてみた。

1203_2toku03.jpg
『ものごとの「格付け」事典』(日本実業出版社)。

 これまでは、金融庁の指定格付け機関とその役割について見てきた。こうした格付けは、投資家などを中心に活用されているが、国債投資など無縁、という人も多いのでは? とはいえ、格付けは投資家だけのものではない! ここでは、我々の生活にも関係するかもしれない格付けを紹介しよう。

 まず、生活の中に入り込んだ〈金融商品〉といえば「生命保険」。「生命保険格付協会」では、各生命保険会社を財務内容や支払いトラブル率、販売員の質などから多角的に検証。そのほか、各保険サービス、保険代理店に至るまで格付けを実施しており、保険選びの強い味方となるだろう。また「日本不動産格付株式会社」は「不動産」を、「AIゴルフ総研」では「ゴルフ会員権」の格付けを行っており、こちらは主に資産価値の判定に利用されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』