サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 誠実さが胸を打つ! ネオ・ニューウェイブ...

2011年12月号 COMICクロスレビュー

■BLライクな脱力系男子高校生青春

1112_kimitoboku.jpg

『君と僕。』(10巻)
作/堀田きいち
掲載/「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)
価格/440円 発行日/9月17日
5人の男子高校生を中心にした、脱力系青春グラフィティ。イケメンでモテるのに無表情でヒネくれている双子・悠太&祐希兄弟と、ボンボンで秀才のツッコミ&いじられ役・要、ふんわりした春、日独ハーフで騒がしい千鶴の5人の、ユルっとした日常が描かれる。本巻では修学旅行編が完結。10月よりアニメがテレビ東京系にて放映中。

【ライター・高野評】
★★★★★★★☆☆☆
意外なドラマティックさに驚き
堀田きいちは(「ジャンプ」の大石浩二と共に)カラーの構図とセンスがいい、というのが私の認識で、長い間その印象は変わらなかった。だから、最近の巻を一気読みして驚いた――ドラマティックだったから。よくある修学旅行エピソードにここまで膨らみを持たせられるのは、日常をじれったいほど丁寧に描いてきた作者だからこそと感慨深い。饒舌ではないがゆえに大切なモノローグが、すっと心に入ってきた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ