サイゾーpremium  > 特集  > 原発問題の闇に触れても、脱原発ソングを歌...
第1特集
タブー破りの新型アイドル【3】

原発問題の闇に触れても、脱原発ソングを歌い続ける!──制服向上委員会

+お気に入りに追加
1111_seifuku.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/磯部昭子 A/M)

──92年の結成以来、社会貢献活動を行いメッセージソングを歌ってきた異色のアイドルグループ・制服向上委員会(SKi)。過去にも自殺問題や団塊世代批判などを歌にしてきたが、8月に発売した脱原発ソングがきっかけとなり、フジロックフェスティバルへの出演が取り消されたと発表したことが話題となった。「原発を利用した売名行為だ」と批判も巻き起こった、この騒動の真相とは!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年6月号

「天野紗也加」の輝かしさ

「天野紗也加」の輝かしさ
    • 【天野紗也加】配信女王が魅せる

NEWS SOURCE