サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > なぜデヴィット・フィンチャーは「映画の他...

「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは?

本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュースのもと、雑誌業界で地位低下中のカルチャー批評の復権を図る連載企画。新進気鋭の書き手たちによる、ここでしかできないカルチャー時評をお届けします。見るべき作品も読むべき批評も、ここにある!

1104_socialnetwork.jpg

今月の1本
『ソーシャル・ネットワーク』

濱野智史[情報環境研究者]×川本ケン[映画ライター]×宇野常寛[批評家]


──アカデミー賞では編集賞・脚色賞・作曲賞の3冠にとどまった『ソーシャル・ネットワーク』だが、折からのフェイスブックブームとも相まって、日本では引き続き注目を集めている。『セブン』『ファイトクラブ』の監督が、今世界的にホットなインターネットの事象を題材とした理由はどこにあるのか? "映画的なるもの"をめぐる挑戦と、その向かう先を考える。

川本 昨日もう一度観直したんですが、最初の印象よりもストレートな青春映画だったんだな、と感じました。監督のデヴィッド・フィンチャーは今まで自分の快感原則にこだわった作品ばかりを撮っていたけど、おそらく『ゾディアック』(07)でそれを捨てた。作家性を封印して撮った『ゾディアック』の次に、もう一度自分の感性に従って作ったであろう『ベンジャミン・バトン』(09)がありますが、そこでの失敗に学んで、あらためて自分自身から遠い題材を扱ったということに今作の成功がある気がします。もはや自意識や映像のケレン味だけでは映画を作れなくなったという必要に迫られての変化かもしれませんが。その方向での、今のところの到達点が『ソーシャル・ネットワーク』。一番面白いのは、統合的な視点を排除していることですね。この映画は、誰が活躍して成功したというストーリーには描かれてない。しかも厳密には回想にもなっていなくて、誰の言葉が映像になっているのかすらわからないという作りになってますよね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』